年収1000万円以上で「教育パパ」は急増する

「子どもの人生に関わる親」の正体を大調査!

進学、就活、結婚など、子どものライフイベントかかわりたい親が増えているといわれますが、実際のところ、どのような局面で、どのように関与しているのでしょうか(写真:マハロ / PIXTA)
子どもの進学、就職、結婚――。最近、こうしたライフイベントに積極的にかかわる親が増えているといわれています。明治安田生活福祉研究所ときんざいが行った「親子の関係についての意識と実態に関する調査」の結果から、中学生~20代の若者を子どもに持つ親たちが子どものライフイベントにどの程度かかわっているかをいくつかのデータでご紹介します。ここから浮き彫りになる、現代の親子の関係性とは?

進学への関与は「当たり前」? 8割の親が関与

まず、親に対して子どもの進学に関与したかたずねたところ、関与した(「積極的に関与した」+「少しは関与した」)割合は全体で81.6%となり、大多数の親が子どもの進学に関与しているといえます。

親が子どもの頃に自身の親から関与された割合(56.5%)と比べると25.1ポイントも高くなっており、子どもの進学に関与する親が以前に比べて増えていることがうかがえます。

また、子どもの進学に関与した割合を父母別に見ると、母親は91.4%で父親の72.1%より19.3ポイント高く、母親が積極的に関与している様子がうかがえます。「積極的に関与した」割合も母親は44.4%で、父親の18.8%と比べて大幅に高くなっています。

次ページ世帯年収1000万以上で「教育パパ」は増える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT