「ホワイトハウスの暗闘」で生き残るのは誰か

「シリア空爆」「北朝鮮緊張」で見えてきたもの

最後はおなじみの競馬コーナーだ。

4月9日の桜花賞では、4戦4勝で単勝1.4倍人気のソウルスターリングが、悪天候のせいもあってか3着に沈み、多くのファンを脱力、悲憤、意気消沈させた。

皐月賞は人気薄のアウトライアーズで勝負だっ!

今週の皐月(さつき)賞では、そこまで頭抜けた馬が見当たらない。そこへ唯一の牝馬、3戦3勝のファンディーナが殴り込みをかける。これが人気になっているのだから、今年の3歳牡馬はまったくふがいない。昨年はマカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズの3強が衝突し、最後は「伏兵」ディーマジェスティが劇的に勝利したのだが。

そこでどうするか。まずファンディーナは切り。無敗馬は2005年のディープインパクト以来、来ていないのだ。したがってレイデオロも切り。皐月賞は例年、弥生賞上位組から狙うのがセオリーだが、今年は規格外と考えてカデナ、マイスタイルも軽視することにする。

桜花賞で勝ったレーヌミノル、その前の週(大阪杯)の勝利馬キタサンブラックは、ともに前走が2着だった。そこで狙い目は、前走のスプリングステークスで2着だったアウトライアーズ。2010年の皐月賞馬、ヴィクトワールピサの子どもに勝機ありと見る。

いつも言っているとおり、クラシックレースは高校野球のようなもの。特に春には番狂わせが起きやすい。だからオッズに引きずられるのは考えものだ。今年は荒れると踏んで、人気薄のアウトライアーズで勝負したい。いや、本当のことを言うと、ウインブライトとアメリカズカップにも引かれて、ずいぶん迷ったんだけどね。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT