ゴルフ「クラブ」の新規制でアマはどうする?

プロの「飛びすぎ」受けて、用具ルール変更か

ゴルフクラブの用具規則が変更になれば、アマチュアプレーヤーにも影響する(写真:すなすな3rd / PIXTA)

「ゴルフの祭典」といわれる米国のオーガスタ・ナショナル・ゴルフ・クラブで行われた「マスターズ」が終わった。セルヒオ・ガルシアというスペインの選手が勝ったのだが、ゴルフ界ではこの優勝が因縁めいていたので、感動を呼んだ。

2011年に亡くなったセベ・バレステロスという、1970年代後半から1980年代に活躍したスペインの英雄の誕生日であり、存命なら60歳の還暦を迎える日に、セベを尊敬していたガルシアが優勝したから。途中でガルシアが見せたポーズをセベとダブらせたゴルフファンも多いのではないだろうか。セベほど派手ではなかったが。

このところ毎年のように思うのが、今の世界のトッププロの飛距離のすごさ。最終日、ベストスコアをマークした松山英樹は、勝負どころとされている13、15番ホールのパー5の第2打がともに8番アイアンだったという。

プロの飛距離が伸びた理由

ゴルフを知らない方のために言うと、8番アイアンというのはショートアイアンといわれ、あまり飛ばずに正確に距離を出すためのクラブで、今のプロだと平らなところで飛距離は160~170ヤードぐらいだろうか。どちらのホールも500ヤード以上あるので、第1打のドライバーショットはゆうに300ヤードを超えている。

37歳のガルシアも2番ホール(パー5)で下り坂にかかったとはいえ350ヤードぐらい飛ばしていた。19歳でマスターズのベストアマチュアに輝くなどして、彼が「神の子」と呼ばれた頃よりも、40歳を目の前にした今のほうが飛んでいる。

セベが活躍していたころとは、用具がまったく違うものになっている。当時はいちばん遠くに飛ばせるドライバーのボールを打つヘッドという部分は主に「パーシモン」という柿の木で作られていた。300ヤードを飛ばすような選手はまれだった。

1990年代から金属製のヘッドのドライバーが徐々に主流となり、それに合わせてボールも改良され、特にプロの飛距離が伸びた。いまや300ヤードは米ツアーでは平均のようになっている。野球でいうと主にアマが使う金属バットとプロが使う木製バットの違いと言えばわかりやすいかもしれない。

次ページ飛距離抑制のために進む、ゴルフ用具の規則変更
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。