「自宅を片づけられない人」はトヨタ式に学べ

モノの適正量を知れば、もう悩まなくて済む

ステップ(2)コンセプトで分けて数える

適正量の決め方は簡単

次に、1カ所にまとめたモノを、季節のモノや使う人、使う目的などで分けていきます。分け方が思いつかない場合、服であれば、着るシーズンや仕事・プライベートで分けてみてください。こうすることで、どんなシーンでどんなモノが使われているか、使われていないかを、目で見て、手で触れて実感できます。

ステップ(3)ほどよい量を決める

最後に、「見える化」を行い、あなたにとって何がどれだけ必要かを考えます。適正量を感情で決めることは難しいので、日本では現在4人家族よりも多い核家族(両親+子ども1人)の適正量を元にお話ししていきます。

ただし、最終的にはあなたの価値観で決めてください。適正量がなかなか決まらない場合は焦らず、もう一度自分(と家族)の価値観を振り返ってみてください。どんな生活を送りたいのか? 大切にしたいものは何か? それらが具体化すれば、何がどれだけ必要かが必ず見えてきます。

冷蔵庫はどう片付ける?

冷蔵庫の片付け方をご紹介しましょう。

■冷蔵庫編(食材)

ステップ(1)全部出す

初めに、冷蔵庫に入っているモノをすべて出します。

ステップ(2)並べる・数える

冷蔵庫に入っているモノは基本的に食べ物。出しながら「賞味期限・消費期限のボーダーラインを超えているかどうか」を基準として分けてみましょう。

ボーダーラインをクリアしたモノについては、自分の価値観に沿って分けていきます。あなたは、「食事を作る」ことについて、どんな価値観を持っていますか?

次ページ冷蔵庫内をカテゴリーで分ける
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。