シトロエン「キモカワ系」小型車の意外な魅力

「C4カクタス」、実は優れたアスリートだ

シトロエンの用語で「5段ETG(エフィシェント・トロニック・ギアボックス)」と呼ばれるこの5段ロボット変速オートマチックは、いちいちクラッチを切ってから変速するシステムである。次のギアを用意しつつ、瞬時に切り替えるデュアル・クラッチ式とはおのずと違って、遅いのも道理なのだ。

昨年秋に限定200台が発売されたC4カクタスはあっという間に売り切れた。シトロエニスト諸兄は5段ETGであることを知って、なお受け入れているのは理屈がわかっているからである。つまり、このオートマチックはいささか変速マナーはヘンテコだけれど、安くて効率がよい。だからシトロエンはいまも使っているのだ、と。

本国では1.6リッター・ディーゼル+6段オートマチックの組み合わせもあるけれど、日本仕様はガソリンの1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン+前述の5段ETGのみである。1.2リッター・ガソリンは自然吸気で最高出力82psに過ぎない。最大トルクは12.0kgm(118Nm)で、凡庸そのもの。だけれど、それがシトロエン=フランス車なのである。

Citroën C4 Cactus exclusive clip from Geneva Motor Show 2014

C4カクタスはキモカワイイ

カクタスは全長4144mmで、サイズ的にはフォルクスワーゲン・ゴルフとポロの中間ながら、車重は1070kgにとどまっている。全長4265mmのゴルフは1240kg、同3995mmのポロは1130kgである。カクタスの驚異的な軽さがご理解いただけると思う。ゴルフの場合、同じ排気量1.2リッターでもターボ過給を必要とする理由もこの車重の違いが物語る。

“美少女”といっても、国民的美少女のゴクミみたいではなくて、キモカワイイ部類に属する。イモトアヤコみたいなのである、どっちかといえば。イモトがじつは優れたアスリートであるように、C4カクタスは飛ばせば飛ばすほどに実力を発揮する。

次ページ徹底的に実用的で、知性的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。