スズキの逆輸入車「バレーノ」、日本での勝算

修会長「インド産の品質は国産に追いついた」

鈴木修会長(右)と俊宏社長(左)。会見には修会長が久々に登場した(撮影:梅谷秀司)

「あのー、何か先入観があるんじゃないでしょうか」。スズキの鈴木修会長は、インドで生産した車に対する消費者の抵抗感について問われ、こう切り返した。

スズキは3月9日、小型ハッチバック車「バレーノ」の日本での販売を開始した。バレーノはインドで生産し、日本に逆輸入する。

同社がインド製の車を日本で売るのは、インド進出から33年間で初のことだが、欧州向けではすでに実績がある。「欧州に出していて問題はない。グローバル化というのは、そういうことじゃないでしょうかね」(修会長)。

日産、三菱自のタイ製の車は売れなかった

とはいえ、「インド製の車が日本で受け入れられるのか」(東海地区のスズキ系販売店店長)と、懸念する声はある。過去、日産自動車や三菱自動車がタイ製の小型車を日本で販売したが、どちらもほとんど売れなかった。

それでもスズキは小型車の拡販のため、高い壁に挑まなければならない。国内の主力は軽自動車で約9割を占めているが、軽市場は14カ月連続マイナスと絶不調だ。今後も税制面での風当たりは厳しくなることが想定され、軽依存引き下げは急務。スズキは、2015年6月策定の中期経営計画で、小型車販売10万台という目標を打ち出した。

スズキの2014年度の国内における小型車販売実績は7.6万台。これまでの最高は8.6万台だが、あと2万台が遠い。理由の一つとして挙げられるのが、小型車のラインナップの少なさだ。

次ページバレーノの販売目標は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT