スズキの逆輸入車「バレーノ」、日本での勝算

修会長「インド産の品質は国産に追いついた」

鈴木修会長(右)と俊宏社長(左)。会見には修会長が久々に登場した(撮影:梅谷秀司)

「あのー、何か先入観があるんじゃないでしょうか」。スズキの鈴木修会長は、インドで生産した車に対する消費者の抵抗感について問われ、こう切り返した。

スズキは3月9日、小型ハッチバック車「バレーノ」の日本での販売を開始した。バレーノはインドで生産し、日本に逆輸入する。

同社がインド製の車を日本で売るのは、インド進出から33年間で初のことだが、欧州向けではすでに実績がある。「欧州に出していて問題はない。グローバル化というのは、そういうことじゃないでしょうかね」(修会長)。

日産、三菱自のタイ製の車は売れなかった

とはいえ、「インド製の車が日本で受け入れられるのか」(東海地区のスズキ系販売店店長)と、懸念する声はある。過去、日産自動車や三菱自動車がタイ製の小型車を日本で販売したが、どちらもほとんど売れなかった。

それでもスズキは小型車の拡販のため、高い壁に挑まなければならない。国内の主力は軽自動車で約9割を占めているが、軽市場は14カ月連続マイナスと絶不調だ。今後も税制面での風当たりは厳しくなることが想定され、軽依存引き下げは急務。スズキは、2015年6月策定の中期経営計画で、小型車販売10万台という目標を打ち出した。

スズキの2014年度の国内における小型車販売実績は7.6万台。これまでの最高は8.6万台だが、あと2万台が遠い。理由の一つとして挙げられるのが、小型車のラインナップの少なさだ。

次ページバレーノの販売目標は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT