スバル「WRX」は、雪道でもこんなにスゴい

4タイプの4輪駆動もトコトン乗り比べた

スバルという自動車メーカーの質実剛健さを、そのままクルマの形にしたよう(写真は『WRX』)

富士重工業(社名ブランド「スバル」)といえば、群馬県太田市に企業城下町を持つことで知られる。元旦の「ニューイヤー駅伝」でも舞台になる場所だ。これは日本で8社ある乗用車メーカーの主力生産拠点を比べると最北に位置する。その誇りは寒冷地仕様の設定が標準だったり、世界中で売られているスバル車の94%が4WD(4輪駆動車、スバルはAWDと呼んでおり、以下はAWDと記す)だったり、といったことからも伝わってくる。

私事で恐縮ながら筆者はスバルのお膝元で生まれて、群馬大学に進学した。「超」が付くスバルの地元で育ったこともあって、今でもスバル車への信頼は絶大だ。朝晩の冷え込みが厳しく、霜柱が立つ(気温が氷点下に下がると、土の中の水分が凍って、柱のように霜が立つ)ような日でも、スバルのクルマはちゃんとエンジンがかかり、四駆(4輪駆動)の特性を生かして山道でも安心して走れたという記憶がある。

ドライバビリティの高さが真骨頂

もちろん、現代のスバルにもその遺伝子は受け継がれている。今でも、スバル車に乗るたびに、ドライバーの操作に対して素直に応答し、いざというときにでも安定して操れることに感心する。

個人的な体験はさておき、スバルが久しぶりに雪上試乗会を開くと聞いて、一も二もなく駆けつけた。最近は、アメリカでの成功ばかりがスポットを浴びているけれど、やっぱりスバルは質実剛健、雪上という厳しい状況での走破性の高さ、ひいてはそこから来るドライバビリティの高さが真骨頂である。

一時は「四駆(ヨンク)のデパート」と呼ばれるまでにありとあらゆるAWDシステムを作っていたスバルだが、現在は4つのシステムに絞っている。

1)「レガシィ」や「インプレッサ」などの主軸モデルの搭載されるアクティブトルクスプリット方式

2)「レヴォーグ」の上級モデルや「WRX S4」などに搭載される不等&可変トルク配分電子制御AWD(VTD-AWD)

3)看板モデルの「WRX STi」に積まれるドライバーズ・コントロール・センターデフ(DCCD)方式

4)「インプレッサ」や「フォレスター」に搭載されるビスカスLSD式センターデフ方式に分類される。

次ページオフロードの雪上コースへ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT