FacebookがMessengerに現在地シェア追加

最大1時間お互いの動向を追うことが可能に

 3月27日、米フェイスブックはメッセージアプリ「メッセンジャー」にユーザーの現在地をシェアできる機能を追加したと発表した(2017年 ロイター/Phil Noble)

[メンローパーク(米カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は27日、メッセージアプリ「メッセンジャー」にユーザーの現在地をシェアできる機能を追加したと発表した。

「メッセンジャー」のプロダクト責任者、Stan Chudnovsky氏はインタビューで、ユーザーの家族や友人とのメッセージのやり取りでは、相手の現在地を尋ねるフレーズが頻繁に見られたと説明。「ユーザーが話していることは、彼らにとって最も関心が高いことだ」と述べた。

現在地シェアはオプション機能。ユーザーは一度、友人などと現在地をシェアすると、最大1時間お互いの動向を追うことができる。

フェイスブックはメキシコで同機能のテストを実施。10月から準備を始め、携帯電話の電池寿命への影響を最小限にするために5カ月以上に渡って取り組んだという。

同機能へのアップデートは世界中で行われた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。