FacebookがMessengerに現在地シェア追加

最大1時間お互いの動向を追うことが可能に

 3月27日、米フェイスブックはメッセージアプリ「メッセンジャー」にユーザーの現在地をシェアできる機能を追加したと発表した(2017年 ロイター/Phil Noble)

[メンローパーク(米カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は27日、メッセージアプリ「メッセンジャー」にユーザーの現在地をシェアできる機能を追加したと発表した。

「メッセンジャー」のプロダクト責任者、Stan Chudnovsky氏はインタビューで、ユーザーの家族や友人とのメッセージのやり取りでは、相手の現在地を尋ねるフレーズが頻繁に見られたと説明。「ユーザーが話していることは、彼らにとって最も関心が高いことだ」と述べた。

現在地シェアはオプション機能。ユーザーは一度、友人などと現在地をシェアすると、最大1時間お互いの動向を追うことができる。

フェイスブックはメキシコで同機能のテストを実施。10月から準備を始め、携帯電話の電池寿命への影響を最小限にするために5カ月以上に渡って取り組んだという。

同機能へのアップデートは世界中で行われた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング