トランプ・ルペンのリスクで市場はどうなる?

女子アナ4人組が新年度の株・為替を語る

「年末1ドル=120円。ドル高基調だが、ゆっくり進んでいく」と尾河眞樹さん(撮影:尾形文繁)

尾河:4月は米国財務省の「為替報告書」が出る。トランプ大統領は「就任したらすぐに中国を為替操作国に認定する」といっていた。それなら、4月に認定するというのもなきにしもあらずですが、中国は「人民元買い」をやっているわけで、そこに文句は付けられない。

対米黒字が許せないということでしょうから、まあ、どこかのタイミングで、中国をやり玉にあげれば、そのあおりで円高があるかもしれないけど、あくまでも一時的だと思う。ただ、そういうツイート的な口先介入があるので、ドル高もゆっくり。

岩下:私もドル高基調と見ています。FRB(米国連邦準備制度理事会)は3月に0.25%の政策金利の引き上げを実施しましたが、少なくとも年内にあと2~3回利上げがあるでしょう。米国の長期金利は2.6%を上回る水準になって、年内には3%を抜けると見ています。日本だけダメなんですが、米国もドイツも物価がシッカリ上がっている。経済物価見通しのリスクバランスも上振れ方向です。

それと、トランプ大統領はまだ何にも経済政策は打ち出していないけれど、株高になったことで「アニマルスピリッツ」という言葉がまた流行している。以前に「女子アナ連載」でも書きましたけど、いよいよ「グレートローテーション」(債券から株への大転換)に向かう。そうすると1ドル=120円を上回るドル高もあるのかな。

マンハッタンの住宅売り出し価格は200万ドル

大槻奈那さんは「北米の不動産市場はバブルの様相を呈している」と警告する(撮影:尾形文繁)

大槻:テイラールール(需給ギャップに応じて金融政策を決めるルール)から言うと、利上げ方向ですよね。

リスクという意味では不動産の価格上昇がハンパない。普通、人口増加率と住宅価格にはかなりキレイな相関があるんですけど、いくつか例外があって、今の北米は人口増加率では説明できない住宅価格の上昇がこの5年ぐらい続いていて、やはりバブル。昨年12月のニューヨーク・マンハッタンの住宅売り出し価格、平均でいくらだと思います?

東京23区の平均売り出し価格、これはいろいろな広さの部屋が混ざってますけど、6600万円。これがマンハッタンは200万ドル。やっぱり史上最高値ですよ。フリップ率 (flipping rate)にも注目していて、これは同じ物件がどれだけ回転するかという比率ですが、1年以内で2回以上の比率が最近の中では最高になっている。そもそも、国内情勢をみたらFRBの利上げはやや遅きに失していると思います。

次ページフランス大統領選の影響
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT