統合のマルチスピード化はEUの維持に有効か

危機意識は強いがリスクをはらむローマ宣言

「ここにあります。6ページ」。3月29日、英国からのEU離脱通告書を沈痛な面持ちでかざすEUのトゥスク大統領。「今日が幸福な日だというふりをするつもりはない」(写真:ロイター/アフロ)

3月29日、英国がEU(欧州連合)に離脱の意思を通知した。英国の通知に先立つ25日、英国を除くEU27カ国は「ローマ条約」の調印60周年を祝う記念式典と特別首脳会議を開催した。

この連載の過去記事はこちら

ローマ条約の調印で動きだした「欧州経済共同体(EEC)」は、「関税同盟」(1968年1月完成)、「単一市場」(1993年1月始動)、そして単一通貨「ユーロ」(1999年1月導入)という成果を上げた。参加国も、当初の6カ国から28カ国まで拡大し、19カ国が単一通貨を共有するようになった。

EUの統合は目下、深刻な危機に直面

しかし、EUの統合は目下、深刻な危機に直面している。英国の選択はEU加盟各国のポピュリスト政党を勢いづかせ、それらはEU離脱やユーロ離脱の国民投票を掲げて支持を得ようとしている。とりわけドイツとともに統合を牽引してきたフランスで、大統領選挙の第1回投票(4月23日)まで1カ月を切っても、EU懐疑主義の国民戦線・ルペン党首が根強い人気を保ち、EUに影を落としている。

3月25日の首脳会議で採択した「ローマ宣言」にも、現在のEUが「地域紛争、テロ、難民流入圧力、保護主義、社会的・経済的不均衡」という難題への「前例のない挑戦」に直面していると記され、危機意識が色濃く反映された。

ローマ宣言の最大の特徴は「基本条約に従い、同一の方向に動く」としつつ、加盟国間での「異なる速さと深さ(at different paces and intensity)」、いわゆる「マルチスピード(多速度)の欧州」のへ道が示されたことだ。

次ページほかの選択も難しいが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT