人工知能が絶対に勝てない人間の「知的暴走」

「適度に狂う機械」の設計はおそらく困難だ

「知的暴走」は人間にしかできない(イラスト: しりあがり寿)
憂きこと、不思議なこと、困ったこと、とにかく質問のあるヤツは凱風館にいらっしゃ〜い。相談道の達人、館主のウチダ師範が、2017年も街場の疑問にお答えします。

 

――2016-17年の内田樹的「メン・オブ・ザ・イヤー」を教えてください。

農林水産業を支えるすべての人たちに

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

個人的に賞をあげたいのは、周防大島で農業をやっている3人です。中村明珍くん、内田健太郎くん、宮田正樹さん。

周防大島は瀬戸内海で3番目に大きな島です。昔は7万以上も人口のある豊かな島でしたけれど、少子高齢化の波に洗われて、今は人口2万。ところがその島になぜかあちこちから若者たちが「Iターン」してきました。

僕が周防大島のことを知ったのは、朝日新聞の山口支局の人たちが凱風館に取材に来たときのことです。うちに来た2人の女性記者は前日に周防大島の「Iターン」の若者たちを取材していた。そのときに「明日、神戸の内田樹さんとこに行きます」と言ったら、お土産を託された。蜂蜜とジャムだったかな。

どうして見ず知らずの人がお土産をくれるのか訊いたら、どうも僕があちこちで「帰農キャンペーン」をしていることに共感してくれたらしい。「よろしくお伝えください」と伝言をお願いしたら、しばらくしてその中村くん、内田くんが2人で凱風館を訪ねてきてくれました。そして、どういう事情で農業を始めたのか、その話をしてくれて、一度周防大島に来てくださいと言われた。僕も若者たちの地方移住、農業回帰の現状が知りたくて、周防大島に行くことになった。

次ページグローバル資本主義の「終わり」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。