栃木「いちご王国」のルーツを知っていますか

「いちごの里」の色褪せない情熱

一方、いちごが最も美味しくなる一般的な“旬”の時期は、1〜3月頃までと長く続く。収穫作業は朝10時前の気温の低い時間におこない、さらに予冷庫(出荷前のいちごを冷やしておく冷蔵庫)で約半日冷却する。

「いちごは他の果物のような皮に守られていないので、運搬で傷めないために冷やして実を引き締める工程が必要です。店頭に並ぶ時に、完全に赤くなるような頃合いを見計らって収穫しています」と、菊地さんは教えてくれた。

「いちごの里」の誇りをかけて

菊地さんのハウスでは、とちおとめのほか、2014年に発表された栃木のいちごの新品種「スカイベリー」の栽培も始めている。繁茂力が旺盛で育てやすいうえ、大きさ、美しさ、美味しさが揃ったスカイベリーは、お歳暮や新年の贈答用のゴージャスないちごとして首都圏で人気となっているそうだ。

栃木のいちご栽培の先駆けだった足利市だが、現在は高齢化や後継者不足など、いちご農家をとりまく環境は厳しい状況にある。しかし、菊地さんは「足利がいちご栽培の基礎を築いたからこそ、いまの『いちご王国とちぎ』がある。その誇りをつないでいきたい」と語る。

こうした足利のいちごは、地元でも支持され、愛されている。

足利市田中町に店を構える和菓子屋「お菓子の伊勢」では、足利産のとちおとめをまるごとこしあんで包んだ「いちご大福」を冬期限定で販売している。

自ら市場に出向き、競りが始まる前に大粒のとちおとめを“先取り”して買うほど、素材のもつシンプルな美味しさにこだわっている店主の小暮さんは、「店自慢の自家製あんこと、とちおとめの甘酸っぱさのコントラストが絶品だと評判です。1〜3月の寒い時期が一番美味しいですよ」と語る。

栃木県のいちご栽培に大きな役割を果たしてきた足利市。「美味しいいちごを届けたい」という想いは、いまもなお色褪せずこの地に息づいている。そんな「いちごの里」の人々の情熱が結実したいちごを、ぜひ味わってみてほしい。

(Writer : HISAYO IWABUCHI / Photographer : SATOSHI TACHIBANA)

SHUN GATEの関連記事
最高のご馳走は「地産地消」にあり
料理人が奏でる“旬”の魅力
MOVIE「兵庫県 養父市」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。