「新卒採用」でバレる!二流企業の3共通点

「ひどい面接官」多すぎ!御社は大丈夫?

さて、二流の企業の二流の採用活動は、それにつけてもレベルが低い。

なかでも二流企業に多いのが、とにもかくにも「目標とする人数を確保」することが採用の任務だと思っている「質より量」という二流の採用担当者だ。

【3】「採用活動のレベルの低さ」がバレる

候補者と自社とのフィットも関係なく、とにかく多くの学生を「採用セミナー」に呼び込むことに奔走する、五流のリクルーティング活動。そして今どき、「特定の大学からの採用ノルマの人数」を達成することだけが採用活動の目的という、それはそれは目線の低い採用活動に転落している会社がある。

そんな五流のリクルーターたちは、「採用活動」に対する志が、極端に低い。採用戦略を通じて「会社の競争力を上げよう」「会社をよくしよう」などとは、絶対に思っていない

また、「自社の環境を通じてその人が自己実現するのを助けよう」などとは、まったく考えてもいないのである。

「社長に怒られるから採用ノルマ達成」って……

「今どき、そんな会社、あるか!」というお叱りと疑問の声が聞こえてきそうである。実際、本記事の最初の原稿を送ったところ、編集者の中里有吾氏からも「こんな会社、今どきないですよ。二流のグローバルエリートの『妄想エア攻撃』ではないですか?」とこっぴどく怒られてしまったくらいである。

しかし、この「就職人気ランキングや採用人数必達が最優先事項」という悲しい実態は、日本を代表する某総合商社の一角の人事担当者に、最近私が直接聞いたものだ。ですから、どうか炎上恐怖症に怯える私相手に、これ以上集中砲火するのは差し控えていただきたい。

それでは、本題に戻ろう。「二流の深い闇」に転落している採用担当者たちは、ズバリ、「学歴・人数・就職人気ランキング」といった的外れな外形的指標ばかり追い求め、「会社との本質的なフィット」を見抜くことができないのだ。

「社長に怒られるから採用ノルマ達成」「就職人気ランキングも昨年並み確保」などという目線が低すぎる採用姿勢だと、もはや立派に五流の採用活動に転落していることは、言うまでもないことなのである。

次ページでは「一流の秘訣」は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。