「新卒採用」でバレる!二流企業の3共通点

「ひどい面接官」多すぎ!御社は大丈夫?

ここまで、二流企業の、二流採用担当者による、二流の人を雇うための活動の特徴を書きつづってきた。それではいったい、「一流の採用活動」の特徴とは、どんなものなのか。

私がさまざまな企業で目撃してきた「一流の採用活動」は、総じて以下のような特徴を有している。

【1】「面接官の意識」が高い――「会社のブランド」を背負い、「必要な人材像」を理解している

一流の面接官は、自分の役割に関して「高い目線」を有している。

まず自分が「その会社の看板」を背負って学生に接していることに責任感を感じており、自分の言動一つひとつが「自分の会社のブランド」を作り上げていることにも責任を感じている。

また一流の面接官は「自社にとって必要な人材像」も理解しているのだ。

彼らは「学歴」ではなく「本当に自社をよくするために必要な人物像」を理解しており、そのような人材かどうかを見抜くうえで戦略的に重要な質問を、見事に面接に織り交ぜている。

はたして自分が投げかける質問が、その学生の実力を引き出し、会社とのフィットを見るうえで本当に最善の質問なのか、きちんと考えて会話を組み立てているのである。

学生にとって「本当に意味のある選択」かどうか

【2】就活生を「ひとりの人格」として尊重する

私が出会った一流の面接官は、「雇うこと」に必死なのではなく、その学生の人生にとって「本当に意味のある選択」になるのかどうかを真剣に考えてくれていた。

質問の一つひとつも、学生が「人生を考える」うえで、また「自分を知る」うえで重要な気づきを与えるものであり、出迎えるときから送り出すまで、敬意に満ちあふれていたものである。

一流の面接官は、企業がやりがちな「大本営発表」を吹聴したりはしない。「その学生が本当にやりたいこと」と、その会社で提供できる「仕事の機会」および「成長の機会」とのフィットを理解できる情報を、正直に提供してくれるのだ。

日常の業務内容や研修、休日といった小さな話から、キャリアパス、辞めていく人たちの転出先など、「学生が本当に欲しいと思っている情報」をきちんと提供し、「Well-informed judgment(十分に情報を与えたうえでの判断)」を支援するのである。

次ページ実は、私こそ「二流の採用担当者」でした
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。