ダライ・ラマ「中国強硬派は脳の一部が欠如」

中国が独自の継承者指名なら「ばかげたこと」

 3月6日、亡命中のチベット仏教の精神的指導者、ダライ・ラマ14世は、今週放映されたインタビューで、中国の強硬派は脳の一部が欠けていると発言した。写真はプラハで昨年10月撮影(2017年 ロイター/David W Cerny)

[北京 6日 ロイター] - 亡命中のチベット仏教の精神的指導者、ダライ・ラマ14世は、今週放映されたインタビューで、中国の強硬派は脳の一部が欠けていると発言した。チベット仏教の拠点となっているインド北部のダラムサラで、人気コメディアンのジョン・オリバー氏に語った。

ダライ・ラマは、自分が最後のダライ・ラマになる可能性があると発言。「その可能性は極めて高い。そうなるとしたら、大変幸せに思う」と語った。

チベット仏教では、ダライ・ラマの死去とともにその魂が継承者となる子供の身体に宿り、生まれ変わりが起きると信じられている。

一方、中国は、歴代の皇帝よりの遺産として、共産党指導部がダライ・ラマ継承者を承認する権利を持つと主張している。

ダライ・ラマは、中国が独自に継承者を指名することを懸念しているかとの質問に、そうなればばかげたことだと言明。「われわれの脳には通常、常識を創造する力が備わっている。中国強硬派は、脳のその部分が欠如している」と述べた。

中国外務省のコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT