崎陽軒、「シウマイバル」出店の意外な狙い

そこにはあふれんばかりの横浜愛があった

東京駅にシウマイバルという新業態を出店した崎陽軒だが、実はお膝元の横浜では、ランチ時間には行列が絶えない人気店を展開している。

その名も「亜利巴"巴"(アリババ)」というビアレストランで、崎陽軒本社近くに同社が構える飲食店ビルの地下1階にある。同店では、ランチ時にバイキング(平日大人2000円、子ども1100円、休日大人2300円、子ども1200円)を実施。ここでも、蒸し立てのシウマイが好きなだけ食べられる。

巨大なセイロの中に100粒以上のシウマイが並ぶ様は想像するだけで、テンションが上がる。さぞ皆さん、たくさんシウマイを食べて帰られるのだろうと思いきや、実はそうでもないらしい。

「シウマイなど中華のメニューだけでなく、カレーやピザなどの洋食のメニューもいろいろとそろえています。デザートまで含めると、メニューの数は優に30種類以上になります」と野並専務。初めて訪れる客だけでなく、リピーターが多いのも特徴で、中には週に何度も足を運ぶ常連も少なくないという。

アリババの来客数は、バイキングだけでも平日平均150人。週末になると、200~250人が訪れる。こちらは、シウマイバルと違って、友人同士やカップル、家族連れなどが目立つそうだ。

出会いから結婚までシウマイで完結!

アリババが入居するビルには、このほか喫茶店やイタリアンレストラン、結婚式場も備えている。野並専務はこのビル自体がちょっとしたストーリーを考えて構成されている、と話す。いわく、「大勢で楽しめるビアレストランで出会って、ちょっと高いイタリアンレストランで食事、個室のある3階のレストランで結納をし、崎陽軒本店で結婚披露宴をあげられます」。

本店ビルにはチャペルも完備、実際に年間60~70組がここで披露宴を開くという。披露宴では、ウエディングケーキならぬ、巨大な「ジャンボシウマイ」が登場する。

崎陽軒本店の弁当販売店。弁当のほか、崎陽軒が扱う菓子類やレトルトカレーなども販売している(撮影:今井康一)

「崎陽軒のシウマイ」といえば、旅のお供であり、酔ったお父さんの手土産、あるいは、家族が夜一緒に食べるものというイメージが強い。しかし、時代が変わるにつれて、消費者のシウマイとの接点も変わってきている。それでも、こうした地元密着型の取り組みや、創業時の味を守るという姿勢から親子2代、3代「受け継がれる」体制ができている。今後は、地元活性化を目指して始まった、シウマイバルなどを通じて、新たな需要や顧客を開拓できるか。老舗企業の挑戦の成果がどうなるか、横浜市民ならずとも気になるところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT