キッコーマン、「量より価値」追う

「しぼりたて生しょうゆ」の立役者、堀切・新社長に聞く

――国内では、食品の低価格志向が続いていると指摘されています。

でも、マクドナルドの1000円ハンバーガーは売り切れてしまいましたよね。コンビニでは100円でコーヒーが飲めますが、(それより高い)スターバックスは繁盛しています。重要なのは、単なる値段の高い・低いではなくて、そこにどんな価値があるかということ。何を食べるかだけではなく、「誰と食べるか」「どこで食べるか」という付帯条件が加わって、一つの「食べる」という価値が生まれるわけです。動物のえさではないのですから。

キッコーマンのしょうゆだって、「いつでも新鮮」シリーズは200ミリリットルでも、従来のこいくちしょうゆ1リットルと同じ200円前後の価格(実勢価格)で売れます。お客様が、それに価値を認めてくださるからです。「しょうゆの値上げはしないのか」とよく聞かれますが、私は値段ではなく価値を上げることを目指したい。

最近では、ユニクロのステテコの話を聞きました。ステテコなんて過去の遺物で、おじいさんしか履かないものだった。それをユニクロがデザインして売ったら、若い人たちが喜んで履いている。そういうことは食品の世界でも、まだまだできると思います。知恵比べですね。

しょうゆ以外では高付加価値型PBありうる

――セブン&アイの「セブンゴールド」など、小売りのPB(プライベートブランド)でも、高価格の商品が出ています。

正しい方向性だと思います。「PBは安い」というイメージを、「PBだから良いもの」というイメージに変えることに挑戦している。メーカーのNB(ナショナルブランド)商品でも同じです。(従来と)同じものだったら、1円でも安いのがいいのは当たり前ですが、いいものだったら(消費者の)皆さんはおカネを出してくれるんです。何も、安く売ることばかりを頭に置かなくてもいい。

当社は、主力のしょうゆについてはPBではなく、NB中心に高付加価値商品を開発していきますが、しょうゆ以外のカテゴリーでは高付加価値型のPBを手がける可能性も十分に考えられます。

(撮影:今井 康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT