キッコーマン、「量より価値」追う

「しぼりたて生しょうゆ」の立役者、堀切・新社長に聞く

――野菜や肉などを加えるだけで和風惣菜が作れる調味料「うちのごはん」シリーズも好調ですね。

2002年の発売から、ここに来るまで10年以上かかっています。最初は5品ほどだった商品数も、現在では23アイテム。毎年リニューアルを重ねて、最初のころと比べると格段においしくなりました。

単身世帯や高齢者の世帯では、料理にあまり手間をかけたくない。「うちのごはん」シリーズは、冷蔵庫にある材料を加えて、手軽にもう一品を作ることができ、それでいて手作り感もあるという商品です。これで、食事に手間をかけなくても食べられるというニーズに応えています。

簡便性と健康が価値

――現代の日本の消費者にとって、何が“価値”と認められるのでしょうか。

ひとつは簡便性でしょう。足もとでは、冷凍食品の売り上げが好調です。すぐに食べられるとか、簡単に調理できるという簡便性の高い商品は、まだ伸びる。もう一つは健康にいい食品でしょうね。基本的には、おいしく健康に食べたいというニーズは変わらないと思います。

――キッコーマンの主力商品はしょうゆですが、それ以外の商品のラインナップも数多くあります。

当社の非常に大きな転換点は1995年です。それ以前は、あくまでもしょうゆを中心に売っていた。商品開発も、しょうゆが中心でした。つゆメーカーやたれメーカーに加工用のしょうゆを販売しているという事情もあり、あえて競合しないようにしていたのでしょう。しかし、私がしょうゆ関連調味料のプロダクトマネジャーになり、「しょうゆを買ってつゆを作るより、最初から商品になっている方が、お客様も便利だろう」と考え、「本つゆ」という商品を発売しました。その2年後には「わが家は焼肉屋さん」というブランドで、たれにも参入しました。

次ページ社内で反対はなかった?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT