アメリカで流行る「Houseparty」とは何者か

マーケターが押さえておくべきこと

目標は、たまにではなく習慣的に使われるアプリになること(撮影:今井康一)

物事は一周して、もとに戻るものだ。90年代の半ば、インターネットはチャットルームと同義だった。そしていま、アメリカの10代の若者たちは、かつての「AOLインスタントメッセンジャー(AOL Instant Messenger)」によく似たアプリに群がっている。かつてのものとの違いは、動画が利用されているという点だけだ。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

2016年2月にリリースされたアプリHouseparty(ハウスパーティー)は、若者たちの「リビングルーム」として売り出している。ごくシンプルな仕組みで、最初にユーザー登録を済ませると、スマートフォンの連絡先にある相手と、リアルタイムで仮想の「たまり場」に集まれるというもの。それぞれのビデオ通話には、同時に最大8人が参加できる。

10代の若者が集まるところには、ブランドが必ず顔を出す。だが、Housepartyは将来、Snapchat(スナップチャット)ほどの成功を収めるのか? それとも、ピーチ(Peach)のように失敗するのか? 本記事は、マーケターがHousepartyについて知っておくべきことを、英DIGIDAYのグレース・カフィン記者がまとめて紹介する。

Housepartyの幕開け

Housepartyは、ライフ・オン・エアが開発した第2のアプリだ。同社が先に開発したライブストリーミングアプリ、Meerkat(ミーアキャット)は、現在サービスを終了している。Meerkatは、2015年にクリエイティブ・ビジネス・フェスティバルのSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト:South by Southwest)で有名になったが、ツイッターにプラットフォーム配信から遮断されて潰された。Meerkatが消えたあと、競合するPeriscope(ペリスコープ)やフェイスブックのライブ動画が、アーリーアダプターたちを抜き去った。

次ページシンプルな単機能しかない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。