第一人者が語るドキュメンタリー映画の変化

主張抑えたフィクション風の作品に高い評価

「作品作りにおいて、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアなどでは国の助成金が多い。だから映画作りにおいては、必ずしも商業的なヒットを期待されてないというか、マストにはならない。もちろん映画がヒットしてくれたらうれしいけどね。たとえば僕の作品だって、フランスやイタリア、時にドイツからの支援のおかげで制作ができている。そうするとより自由に映画を作ることができる。アメリカのようにそういった補助が少ない国では、出資者の協力を仰がないといけない状態だから、結果的に映画は『産業』となってしまう。つまりその映画が売れなければそれまで。商業的な成功を得られないと、もう映画を作ることができない」

欧州では国が助成金を出してもクチを出すことはない

1964年エリトリア生まれ。エリトリア独立戦争中にイタリアへ避難。1985年ニューヨークに移住。インド全土を旅して制作・監督をした『Boatman』が多くの国際映画祭で評価を受け、その後ドキュメンタリー監督として多くの作品が国際映画祭の賞を獲得している。2013年の『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』はヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を獲得、三大国際映画祭でドキュメンタリー作品が最高賞を受賞する初のケースとなった (筆者撮影)

公的な助成金を受けることで、商業的な制約から解放される。しかし、国から「税金が使われている以上、こういった作品を作ってほしい」といった、違った制約を受けるということはないのだろうか。

「それはない。僕も、僕の仲間も完全な自由を与えられている。もちろんそういった機関にとっての文化的な意義に合う作品にしてほしいという思いはあるかもしれないが、かといって、こうしなきゃいけないといった圧力がかかったということはない。特に今回は、国にとってもデリケートな難民の問題を扱っているし、実際に海軍の船に乗って撮影もした。国にとっては耳の痛い問題ではあったし、撮影に関しての許可を得るのは大変だったが、実際の撮影した内容を見せろとか、確認させろと言われたことは1度もなかったよ」

2月27日(日本時間)に発表予定の米国のアカデミー賞では、長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされている。ドキュメンタリーとフィクションとの境界線を壊しつづけるロージ監督の作品が、ハリウッドの面々をも動かすことができるのか、その動向が注目される。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT