ブラピ率いる映画製作会社が注目されるワケ

米映画界で旋風、4年で2度アカデミー作品賞

現在Netflixで公開中のオリジナル映画『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』。プロデューサーのブラット・ピットも自ら主演を務める (写真:Netflix提供)

『ファイト・クラブ』(1999年)、『Mr.&Mrs. スミス』(2005年)、『マネーボール』(2011年)など数々のヒット作に出演してきたブラッド・ピット。彼は今、俳優としての顔だけではなく、映画製作会社「プランB」を率いる敏腕映画プロデューサーとしての顔でも知られている。

『ムーンライト』など存在感放つプランB作品

この連載の過去記事はこちら

この「プランB」。ここ数年のアメリカのアカデミー賞で旋風を巻き起こしている。奴隷として売買された黒人男性を描いた『それでも夜は明ける』(2013年)は、2014年のアカデミー賞9部門にノミネート、作品賞ほか3部門を獲得した。翌2015年には公民権運動の指導者マーチン・ルーサー・キング牧師を描いた『グローリー/明日への行進』も2部門でノミネートされ、主題歌賞を獲得した。

2016年にはリーマン・ショックを題材とした『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。そして2017年には貧困、LGBTなどを題材とした『ムーンライト』は8部門にノミネートされ、「作品賞読み間違え事件」のハプニングがあったものの、見事作品賞を受賞した(それ以外に2部門を受賞)。

同社は作家性の強いチャレンジングな作品を数多く手掛けており、いまやアカデミー賞はプランBの動向を無視しては成立しないほどの存在感を示している。

アカデミー賞をにぎわわせる作品をどのように作っているのか? 今回、“プロデューサー”ブラッド・ピットを支える、共同社長兼プロデューサーのデデ・ガードナーと、プロデューサーのジェレミー・クライナーが、Netflixとタッグを組んだ新作『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のPRのために来日した。そこで2人にプランBが快進撃の背景と、作品作りの方針について聞いた。

次ページアカデミー賞を取る秘訣はない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。