ブラピ率いる映画製作会社が注目されるワケ

米映画界で旋風、4年で2度アカデミー作品賞

現在Netflixで公開中のオリジナル映画『ウォー・マシーン: 戦争は話術だ!』。プロデューサーのブラット・ピットも自ら主演を務める (写真:Netflix提供)

『ファイト・クラブ』(1999年)、『Mr.&Mrs. スミス』(2005年)、『マネーボール』(2011年)など数々のヒット作に出演してきたブラッド・ピット。彼は今、俳優としての顔だけではなく、映画製作会社「プランB」を率いる敏腕映画プロデューサーとしての顔でも知られている。

『ムーンライト』など存在感放つプランB作品

この連載の過去記事はこちら

この「プランB」。ここ数年のアメリカのアカデミー賞で旋風を巻き起こしている。奴隷として売買された黒人男性を描いた『それでも夜は明ける』(2013年)は、2014年のアカデミー賞9部門にノミネート、作品賞ほか3部門を獲得した。翌2015年には公民権運動の指導者マーチン・ルーサー・キング牧師を描いた『グローリー/明日への行進』も2部門でノミネートされ、主題歌賞を獲得した。

2016年にはリーマン・ショックを題材とした『マネー・ショート 華麗なる大逆転』が5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。そして2017年には貧困、LGBTなどを題材とした『ムーンライト』は8部門にノミネートされ、「作品賞読み間違え事件」のハプニングがあったものの、見事作品賞を受賞した(それ以外に2部門を受賞)。

同社は作家性の強いチャレンジングな作品を数多く手掛けており、いまやアカデミー賞はプランBの動向を無視しては成立しないほどの存在感を示している。

アカデミー賞をにぎわわせる作品をどのように作っているのか? 今回、“プロデューサー”ブラッド・ピットを支える、共同社長兼プロデューサーのデデ・ガードナーと、プロデューサーのジェレミー・クライナーが、Netflixとタッグを組んだ新作『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のPRのために来日した。そこで2人にプランBが快進撃の背景と、作品作りの方針について聞いた。

次ページアカデミー賞を取る秘訣はない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT