「進撃の巨人」ヒットが映す20代の悲痛と希望

理不尽な戦い、それでもあがく姿に共感する

少年漫画としては異色の存在。大ヒットの背景には今の世相が関係していそうだ(撮影:尾形 文繁)

講談社『別冊少年マガジン』(月刊)で連載中の人気漫画『進撃の巨人』が快進撃を続けている。2009年10月の同誌創刊号から諫山創氏の作画によってスタートした作品で、発行元の講談社によれば、単行本の発行部数はこれまで発売された22巻で累計6600万部を突破。異例のスピードで日本の超人気漫画作品の1つに数えられるようになった。

メディアミックスの勢いもすさまじい。アニメ化、スピンオフ化、ゲーム化、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のアトラクション化などなど、ブームは広がり続けている。いったいなぜ、これほどまでに支持されているのだろうか?

「先行き不透明な時代の若者」

背景を読み解くと、意外にも「報われない20代」の心理が見えてくる。

進撃の巨人は、従来の大ヒットした少年漫画とは少々テイストが異なる。ネタバレになるため詳細をなるべく控えるが、それは作品中で描かれる「主人公側の勝利」の扱いだ。歴代発行部数が3億部を超え、人気漫画単行本の累計発行部数トップに輝く『ワンピース』(『週刊少年ジャンプ』で連載、集英社)を引き合いに出すまでもなく、少年漫画のエピソードは大多数が、主人公側の勝利で終わるようになっている。

一方、進撃の巨人は異常なほど主人公側の勝利が少ない。主人公が一般人とは異なる超常の力を身に付けてもなお、敗北、引き分けに近い辛勝、犠牲者が多すぎてまったく喜べない勝利――などが続く。

従来の少年漫画に慣れた層が読めば「こんなにストレスがたまる漫画のどこが面白いんだ?」と思ってしまう可能性すらあるが、これこそが『進撃の巨人』の主要読者層が感じている「現実」であり、「感情移入できる物語」でもある。

主要読者層のうち、最もボリュームが大きいのは20代半ば~後半といわれている。さらに続くのが30代、10代。彼ら、彼女らが生きてきた時代は、バブル崩壊後の「失われた20年」だ。つねに不景気が続き、先行き不透明な時代。それが進撃の巨人の世界観に似ている。

次ページ進撃の巨人は「独り勝ち状態」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。