慰安婦問題は韓国の理性なき民族主義を煽る

台湾人から見た近隣国の大きな「誤り」は何か

韓国・釜山の日本総領事館の前に設置された慰安婦の少女像。なぜ韓国国民はこれほどまでに憎悪をむき出しにするのか(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

数年前に台湾駐在で韓国の外交官が私に連絡をしてきた。「『台湾人慰安婦』と会いたいのだが、手配してくれないか」というのだ。私は不思議に思った。しかし、私は彼のために関係団体と連絡を取り、台湾人慰安婦の実情を理解したうえで、彼にこう回答した。台湾と韓国の慰安婦の状況は異なっている、そして台湾人慰安婦を再び傷つけないため、また不必要な「反韓」「反日」の風潮を引き起こさないためにも、できればこの敏感なテーマには触れないほうがよい――と。彼は私の提案を受け入れ、慰安婦訪問を断念した。

彼がなぜ慰安婦訪問を考えたのか、私には見当がつく。韓国政府の政策に合わせて、外交官の彼は業績を上げようとしたのだ。ただし、台湾の慰安婦問題は、韓国の場合とは大きく異なる。韓国はこの問題を政治的な道具とし、反日という民意を操作して、国家政策の後ろ盾にしようとしているのは明らか。だが台湾では、慰安婦問題どころか、反日の世論操作ですら、まったく人々の興味を引かないものなのである。

私は個人的にこれまで、韓国の慰安婦の問題とは距離を取り続けてきた。というのも、この問題は非常に複雑であり、韓国の友人と理性的な討論ができないからである。ましてや、台湾が日本と韓国の間の第三者としての立場で論述を行うなど、根本的にできないためだ。

歴史教科書で火を噴いた日本批判

実は、個人的な経験から言えば、私自身は日韓の積年の怨恨による直接の被害者ともいえる。1982年に私は韓国・延世大学史学科の大学院で韓国近代史を専攻していた。もともと第三者として、そして同じ日本の植民地だった、台湾国民としての立場と共感から、日韓の怨恨を分析しようと考えていた。

が、不幸なことにその年、日本の「歴史教科書歪曲事件」が発生した。韓国のメディアは連日、猛烈な日本批判に明け暮れた。韓国の新聞はすべて、多くの紙面を割いてこの問題に関するさまざまなテーマを設定し、細大漏らさず報道した。私の修士論文の材料は、ここにいくらでも転がっていた。この問題はその後15年間も続くことになる。

次ページ韓国と日本、どちらが歴史を改ざんしたか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT