朱 立熙
朱 立熙 Rick Chu
台湾・知韓文化協会 執行長

1954年生まれ。台湾・国立政治大学韓国語学科卒。米スタンフォード大学東亜研究所修士。1977年「中国時報」写真記者を皮切りに、「聯合報」記者・ソウル特派員、「Taipei Times」編集長、中華電視副社長等を歴任。特に「聯合報」ソウル特派員在職(1985~1988年)に前後して、韓国民主化(1987年)の関連報道、「中国民航機韓国着陸事件」「中国軍機韓国不時着事件」「ズ・ダン号事件」等、台湾や韓国、中国、日本が関係した大事件について、数々のスクープを連発。台湾を代表する韓国・北朝鮮専門家。国立政治大学や台湾師範大学等で教鞭を執る。著書に『韓国史』『漢江変』『再見阿里郎』『韓国心、台湾情』『国家暴力と過去清算』(いずれも中文)等多数。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。