「いい人」では成功できないこれだけの理由

最強なのは「恥ずかしさ」を感じない人

しかしそれも、具体的に考えようとすれば、こう反論できるのではないでしょうか。

「なぜそれが不謹慎と言えるのか? 根拠は何か?」

「不謹慎とは誰から見たものか? 誰による判断なのか?」

「その人は、他人を不謹慎だと判断できる技量や資質を持っているのか?」

「仮に不謹慎だとして、それでいったい誰が困るのか? 具体的に何が困るのか?」

そうやって突き詰めていけば、実は誰も何も困ることはなく、「不謹慎だ」という人の価値観の押し付けにすぎないことがほとんどだとわかります。

私自身も40歳を迎える直前くらいになって、ようやく恥ずかしさ不感症のレベルが上がってきました。失敗や自分の未熟さ、無能さをオープンにし、「それが私なんです」と言えるようになってきたのです。

素のままの自分をさらけ出す

『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そうやって素のままの自分をさらけ出し続けていけば、その状況に慣れます。それで離れていった人もいるかもしれないけれど、むしろ親近感が湧くと言ってくれる人もいる。そして周りも「あいつはああいうヤツだ」と思うようになる。

すると自分を大きく見せる必要も、見栄を張る必要もなくなり、やろうと思えば周囲に関係なく何でもできるという自信につながっています。

もちろん、すぐに到達できる境地というわけにはいきませんが、自分を飾らないで素のままで生きても、まったく問題はないんだ、という経験を積み重ねていくことです。

つまり、もし他人の目が気になって自由に行動できない人は、自分が思っている常識やあるべき論、道徳心や社会規範に対して、自分がそれを守らなかったら具体的に何が困るのかを考え抜いてみることです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。