「調身、調息、調心」と、メジャートーナメント

コースセッティングは、仏教に通じるものがある

メジャートーナメントが、なぜいつもスリリングな緊迫したゲームで面白いのか。4月のマスターズにしても、終わったばかりの6月の全米オープンにしても、さらにいえば、これから始まる7月の全英オープン、8月の全米プロにしても、白熱した戦いに見ている者ですら没入してしまう。

いわば観戦者が選手たちと同じようなゾーンに入ってしまう連帯感すらある。

確かに、歴史や伝統という、時代を築き上げた名手たちの足跡の積み重ねもあるだろう。そして、トーナメントとして、その哲学を踏襲し、さらに進化させて良き変容を惜しまない。

昨年のオリンピッククラブでの全米オープンのときに感じたことがある。進化するゴルフボールやクラブ、スイング、身体能力で飛距離が伸びて、一時期、それに合わせてコース全長も伸ばし続けた。しかし昨年の全米オープンでは、距離を伸ばすだけの着想でコースセッティングしていなかった。もちろん、中には史上最長ホールの16番ホール、670ヤード、パー5もあったけれど、競技最終日の日曜日、このホールのティーグラウンドは、約100メートル前方に設定。さらに15番ホール、154ヤード、パー3は、第3ラウンドで実測107ヤードに設定。そのうえ、10番ホール、パー4は、280ヤードという短い距離の設定もあった。この柔軟性のあるセッティングは、あくまでも優勝スコアを理想的なイーブンパーにするという主催側の全米ゴルフ協会の叡智の具現化だと思う。

つまりは、各ホールの距離で、進化する飛距離だけに対応するのではなく、18ホール全体像を俯瞰して、どういうゴルフゲームの展開にしようかという発想だ。ゴルフは、1打1打の積み重ね。ミスショットにしてもナイスショットにしても、やり直しが利かない。4ラウンド72ホールのスコアを選手たちが、それぞれどうデザインし、脚本を書き、書き直しながら創り上げていくか。そのときに問われる、選手自身の技量、球筋、技巧、コースデザインの理解度、体調などを、どうやって調和させゲームリズムを作っていくか、スコアメークしていくかだと思う。

つまりは、舞台が洗練されていればいるほど、選手たちは、そのポテンシャルをフルに発揮し、さらに信じられない1打をも生むわけだ。

仏教用語に「調身、調息、調心」という言葉があるけれど、まさに選手とコース、技量とコースと自分自身が整って、心穏やかに72ホール戦い続ければ勝利者になりますよ、というコースセッティングのすばらしさが際立つ。

したがって、メジャートーナメントでは、凡戦というキーワードは、存在しない。もともと秀逸なポテンシャルを秘めたコースデザインと、それを磨き上げるセッティングと、そこで戦う選手たちの叡智の結実が1打ごとに見て取れるから、観戦者もまたゾーンに入れるのだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT