優勝を支える最高のキャディーの条件とは?

大事なのは一緒に前向きな気持ちでいてくれること

先日行われたヨネックスレディス大会で、表純子プロが8年ぶりに勝利を挙げました。ご主人がキャディーとしてバッグを担ぎ二人三脚でいつもツアーを回っています。今回は優勝争いをしたときのキャディーさんに求めるもの、のお話です。

表選手は最終日、前半を2アンダーで折り返すと、後半9ホールではショットがピンに絡むもバーディーが全然決まらず、後続組を突き放せないもどかしさがありました。インタビューでも、パットが決まらず、ずっと胸が詰まりそうだったと話していました。バーディーパットを打つ前にご主人は「バーディーを決めよう!」と励ますも、決まらないと「パーで良いよ」と優しく言葉をかけ続けたといいます。プレッシャーのかかる大事な場面でのキャディーの言葉のかけ方は非常に大事で難しい。ご主人の言葉は私が選手の立場でもうれしいです。私の気持ちをわかってくれている、と前向きにプレーできるからです。これが、「しっかり頑張って」と励まされても余計にプレッシャーがかかるし、パットを外すたびにがっかりされたら、気が滅入ってキャディーからだんだん気持ちが離れます。

私が優勝争いしているときの最高のキャディーは、プレーが良くても悪くてもそのままを受け入れてくれて、感情を表に出さない人でした。パットのラインが読めようが読めまいがそんなことはどうでもいいこと。自分が調子のいいときはパットのラインなど聞かなくても自分で読めるし、人が打つ微妙な感覚をキャディーが全部知っているはずもなく、大事なのは一緒に前向きな気持ちでいてくれることなのです。

米ツアーで優勝争いしているとき、こんなことがありました。そのキャディーは私の良いショットやパットに対し、大きなリアクションで喜びを表します。ところが、プレーが悪いほうに傾くとだんだん無口になり、顔も沈みがちになり、しまいにはプレーがつかえて待ち時間ができたら芝生の上にゴロンとなってしまいました。こんな態度をされてはプレーの意欲がそがれてしまいます。また、別のキャディーは、心配性で私に何番で打てとかどう攻めろとかいちいち指図したがります。これでは、研ぎ澄まされた自分の感覚を使うことが阻害されて、誰のゴルフをしているのかわからなくなってしまいます。それに比べて最高のキャディーは、私がミスショットをしても「たまにそんなこともあるだろう」と意に介さないふうで、逆に良いショットを放っても「そんなことは君なら普通だよね」と、自信を持たせてくれます。そこに信頼があるからそういう態度をしてくれるのだということを、後で気がつきました。

優勝争いでは全神経がプレーに集中する分、選手もキャディーも本音が出てしまいます。互いを熟知していることがいいパフォーマンスにつながるので、普段からの信頼関係が大事ですね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT