レクサス「LS」は最新進化で何が変わるのか

11年ぶりの全面刷新へ、米国ショーで初披露

1月9日、レクサスは開催中のデトロイトモーターショーで、フラグシップ4ドアセダン「LS」を11年ぶりにフルモデルチェンジ。世界初披露した。

驚くほどにアグレッシブなデザインへ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2017年、新年一発目の国際モーターショーとなった「北米国際自動車ショー(デトロイトショー)」で、5代目に当たる新型レクサス LSが、まずはガソリンエンジン仕様のLS500からワールドプレミアを飾った。

レクサスのフラッグシップモデル「LS」は、前作となる4代目F40シリーズのデビューから早くも11年が経過。「スピンドルグリル」を採用した後期型のマイナーチェンジからも既に4年が経ち、また2015年の東京モーターショーでは、次世代フラッグシップサルーンを示唆するとも言われた燃料電池コンセプトカー「LF-FC」を参考出品したことから、LSシリーズのフルモデルチェンジは、もはや時間の問題と目されていた。

1989年に「LS400(トヨタ初代セルシオ)」として誕生して以来、穏当で上質なプレステージサルーンとして認知されてきた歴代LSシリーズ。ところが今回の新型LSでは、近年デザインコンシャスであることを前面に押し出しているレクサスらしく、驚くほどにアグレッシブなデザインへとメタモルフォーゼ(変身)を遂げていた。

真っ先に目に飛び込むのは、一足先に「LC クーペ」にも採用された次世代アーキテクチャー「GA-Lプラットフォーム」によって得た、その低く構えたプロポーションだ。ボディサイズは全長5235mm×全幅1900mm×全高1450mmで、先代LS460より145mm長く、25mm広く、15mm低い。ホイールベースは155mm長い3125mmだ。

また、ボディ形状は流麗なLF-FCコンセプトでさえオーソドックスな4キャビンレイアウト(車体側面にウインドーガラスが片側2枚ずつ、計4枚が配置された形状)だったのに対し、新型では、これまでのセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを創りだすため、6ライトレイアウト(片側3枚ずつ計6枚)へと変更。フロントからリヤまで抜けるシャープな基本立体から、フェンダーがダイナミックに突き出す構成とした。

次ページ動画で見る新型レクサス LS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT