41歳ベロンが現役復帰、「会長兼選手」に

最低報酬でエストゥディアンテスと契約

 12月28日、サッカーの元アルゼンチン代表主将フアン・セバスティアン・ベロン(中央)は自身が会長を務めるアルゼンチンリーグのエストゥディアンテスと1年半の契約を結び、現役に復帰した。ブエノスアイレスで2014年5月撮影(2016年 ロイター/Enrique Marcarian)

[28日 ロイター] - サッカーの元アルゼンチン代表主将フアン・セバスティアン・ベロン(41)は28日、自身が会長を務めるアルゼンチンリーグのエストゥディアンテスと選手として1年半の契約を結び、現役に復帰した。2017年は会長と選手を兼任する。

ベロンはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やインテル(イタリア)など欧州の複数クラブで活躍し、2006年にエストゥディアンテスに復帰。2009年にリベルタドーレス杯優勝へと導き、2014年に現役を引退した。

クラブの公式発表によると、ベロンは最低報酬でエストゥディアンテスと契約し、リーグ戦やリベルタドーレス杯に出場する。復帰初戦は1月8日、レーバークーゼン(ドイツ)との親善試合。サラリーはクラブの発展のために寄付するという。

2月に再開するアルゼンチン1部リーグで、エストゥディアンテスは首位ボカ・ジュニアーズと勝ち点4差の4位につけている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT