3億円を持つ73歳の堅実で豪快な金銭感覚

2カ月で250万円をゴルフに投じても割安

「この私たちの貸し付けの法則を怠けたこともあるが、そうやって貸し付けた案件はやっぱり回収率が悪いけん」。岡西さん本人は謙遜めいて言うが、責任者2人がともにゴーサインを出さないと原則仕事にしない、という取り決めはシンプルかつ小企業の意思決定としては、あるいはファミリービジネスとしては特に的を射た参考にできる方法だ。

簡単にはまねができないくらいに地道に

本来はこの「誰でもできるファミリービジネス」を「誰もができないくらい地道にやった」ことが資産形成の大きなポイントだといえよう。現在は法改正もあり貸金業そのものが営みにくくなってしまったようで数年前に新規事業をストップ、すべて回収してごく最近事業そのものをたたんだ。「会社という枠組み」をきちんと活用した希有な例ではないかという印象が強い。

もうひとつ、岡西さんが貸金業として成功したポイントがある。それは「地元の福岡に帰ったこと」だ。もっと言えば「福岡に帰って、地元の地銀と交渉し、借りられるおカネの上限にメドをつけた」こと、だった。この視点で言えば、地方銀行をうまく活用する「田舎者の発想」が岡西さんを富裕層にまで押し上げた、といえる。

東京にいると気が付きにくいことのひとつに地方銀行の活用がある。調べれば誰でもリーチできるオープン情報なので言うと、いわゆる欧米の有名なプライベートバンクも、日本の地方銀行と提携して顧客開拓を進めているケースが多い。

なぜか?

「地方銀行は地方の富裕層コンタクトを押さえているから」が答えである。ほとんどの地方富裕層は地元でなんらかの事業をやっている、しかも数代続けてやっているケースも当然多く、歴史的な経緯からも、地方富裕層と地方銀行は切っても切れない縁がある。

しかも、その付き合いの歴史はおカネの貸借関係にも大きく表れる、つまり、地方のお金持ちは地方銀行からおカネを借りやすい、という現実があるのだ。持ちつ持たれつの関係といえばそれまでだが、「地方富裕層と地方銀行」の関係性は事業承継が動きまくる激動の21世紀の貴重なインテリジェンスとして押さえておきたいところだ。

次ページムダ金は使わない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT