「トランプ相場」はそう簡単には終わらない

目先は注意でも17年1月以降も相場は強い

イタリアの国民投票には注意だが「トランプ相場」は長く続く。ではどこまでか(写真:AP/アフロ)

株式投資は「終わりまでの最後の時間」が一番美味しい

前回、「トランプ相場」は「米国株の終わりの始まり」と書いたが、この終わりまでの「最後の時間」が、株式投資において一番美味しい時だ。

今回の大きな上昇で、弱気ヘッジファンドは大きくやられた。だが、今年前半を考えれば、損益が平準化されたに過ぎない。弱気派が本当にやられるのは来年からだ。

米国の7~9月期の実質GDP改定値は、年率換算で前期比3.2%増と速報値(2.9%増)から上方修正されたように、トランプ登場前から米国経済は上げ潮になっていた。

流れは変わった。年金や投信など長期投資家が、買いに転じた。運用しなければならないおカネが世界に渦巻いている。おカネの置き場所が債券でなくなったとしたら、それを吸収するのは株式市場しかない。決裂かと思われていたOPEC総会減産合意は、原油価格を再び50ドル台に押し上げているが、シェールオイルの増産を促すだけで、上値には限界がある。

このトランプラリーの終わりを、大統領就任日の来年1月20日にする投資家は多い。だが、あまりにも皮肉がきつすぎないか。もしそうなったら、トランプ登場は正にジョークだ。

筆者はせめて就任日より100日のハネムーン期間、さらに少し伸ばして来年の5月ではないかと思う。今年は「セル・イン・メイ」(米国の相場格言で、例年比較的堅調とされる5月にいったん相場から離れることを勧める)は成功したが、来年も短期的にはそうなる気がする。

人事についても、ゴールドマン・サックス証券出身のスティーブン・ムニューチン氏を財務長官に起用するなど、これからも何かやってくれそうなメンバーを集めそうで、意外にトランプは人事巧者だ。筆者はいったん来年5月以降に調整が来るものの、その後は再び上昇と見ている。2年後の中間選挙まで、「共和党の米国」は相場を終わらせないのではないか。

次ページ日経平均の年足チャートは、2017年の上昇を暗示
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT