「トランプ共和党」は2018年までは安定する

吉崎氏、予想失敗の米大統領選を「後講釈」

トランプ次期大統領の閣僚選びも今のところは「まとも」。筆者も「買い」か「売り」かと言われれば「買い」だ(写真:ロイター/アフロ)

競馬評論家の井崎さんを真似て?大統領選の後講釈

この連載の記事はこちら

アメリカ大統領選挙が終わり、まさかのトランプ大統領の誕生が決まった。「もしトラ」リスクが「まさトラ」になり、予想を外してしまった不肖かんべえに弁解の余地はない。この状況でふと思い出すのは、競馬評論家の井崎脩五郎さんのことである。

テレビを見ていると、井崎さんの予想はしょっちゅう外れるけれども、レース後のコメントが妙に深いことがある。「今日は輸送で馬体重が減っていたことが裏目に出ましたね」とか、「今日の中山は内側の芝が荒れているんですよ」などと、レースが終わると途端に冷静な分析が飛び出すのである。ときには「それを早く言ってくれよ!」と叫びたくなることもあるのだが、以下はそれに類する後講釈というやつである。

アメリカ大統領選挙というのは、全米で538人の選挙人(Electoral Vote)を取り合う形式で行われる。今回はそれがドナルド・トランプ氏290人、ヒラリー・クリントン氏232人という大差となった(ミシガン州の16人は未定)。ただし全米の一般投票数(Popular Vote)を比較すると、クリントン氏6082万票、トランプ氏6026万票となる。つまり民主党の方が若干多かったわけだが、選挙人の数と一般投票数が食い違うのはこれが歴史上4度目で、それほどめずらしいことではない。

それよりもお立合い。アメリカという国は人口が約3億2000万人もいるのに、大統領選挙に参加するのは毎回いいとこ1億2000万人から1億3000万人に過ぎない。今年もお互いに「6000万人ずつくらいだった」、という事実をまずは押さえておこう。

この数字を、次に4年前の2012年選挙と比較してみる。あのときはバラク・オバマ大統領が6591万票を獲得し、挑戦者のミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事の6093万票を大差で退けている。

不思議なことに、民主党の票がここから500万票も減っている。アメリカは毎年1%ずつ人口が増える国なので、本当はもっと票数が増えていてしかるべきなのである。おそらく今年は「史上最も汚い選挙」に嫌気がさして、投票率が低下したのであろう。それにしても、共和党の票数はあまり変わっていないのに、民主党の票が大きく減ったのはなぜなのか。その中にはリチャード・アーミテージさんのように、「俺は共和党員だが、今回はヒラリーさんに入れる」という人も含まれているはずなのに・・・。

次ページなぜ民主党は約500万票も減らしたのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT