「なぜか英語ができない人」に欠けている視点

話す以前に足りないものはないか?

10カ月で、ビジネスで必要な英語を使えるようになった「英語勉強法」とは?(写真:すってぃ / PIXTA)

経済のグローバル化が急速に進む中、日本人ビジネスパーソンたちにとって、仕事において英語が使えることが必要最低条件となりつつあります。「なんとかして、短期で英語を使えるようになりたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「40歳を過ぎて英語をはじめるなら、TOEICの勉強は捨てなさい。」の著者である私が、英語力ゼロにもかかわらず40歳にして一念発起し、たった10カ月で、ビジネスで必要な英語を使えるようになった「英語勉強法」をお伝えしたいと思います。

「have」や「make」のスペルすら忘れていた

40歳のころの私の英語力は、惨憺(さんたん)たるものでした。

高卒なので、大学受験のために猛烈に英語を勉強した経験もありません。20代前半に、1年間、米国で生活をしてみたのですが、話せない、聞けない、読めない、書けないで、さんざんな思いをしました。

このことが大きなトラウマとなったようで、その後、英語を極力避けてきました。超ドメスティックな業種であるバイク便会社を経営していたので、仕事で英語を求められることもありませんでした。そのせいで、40歳で英語の勉強を始めたときには、「have」「make」のスペルさえも忘れていたくらいです。

それが、あるイタリアのスクーターに一目ぼれをして、その作り手のイタリア人オーナーと、どうしてもバイクについて語り合いたいと思い、「英語を勉強するぞ」となったわけです(超がつくほどのバイク好きなもので……)。

そこでまず選んだのが「語学留学」でした。しかも、フィリピンのセブ島で。「1カ月約10万円」(当時)という破格の安さと、「1対1のマンツーマンレッスンが中心」という充実のカリキュラムに引かれ、1カ月、留学してみることにしたのです。

次ページ決定的なことに気がついたセブ島留学
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。