「たぶん」を英語で伝える、最適な言葉選び 知らないとマズい「メイビー」が与える印象

拡大
縮小
「たぶん」をよく使う私たち日本人にとっては、なかなか難しい…

「たぶん」って、日常生活でとってもよく使う言葉だと思いませんか?

 「明日晴れるかな」「たぶんね」

「年末はたぶん実家に帰るよ」

「冷蔵庫に牛乳ってあったっけ?」「たぶん無かったと思う」

 と、曖昧な感じを表すことができるので、ついついよく使ってしまいますよね。そういう私も、1日に1回は会話の中で使っているような気がします。その「たぶん」を英語で表現しようとして “maybe” ばかり使っていませんか?

“maybe” は日本人には馴染みのある単語ですが、実はちょっと使い方を注意しておきたい単語でもあるんです。 

簡単なようで、実は要注意な “maybe”

当記事は、「GetNavi web」の提供記事です

“maybe” が「たぶん」を意味するのはほとんどの人が知っていると思いますが、辞書で “maybe” の意味を調べてみたことはありますか?

Macmillan Dictionaryには、こんな定義が書いてあります。

used for showing that you are not sure whether something is true or whether something will happen.

何かが本当にそうかどうか、何かが起こるかどうかが “not sure=不確かな” 場面で使うようです。確かに、これを日本語では「たぶん」で表現しますよね。

でも、ここには書かれていない、もっと大事なことがあるんです。これを間違えるとかなり致命的と言ってもいいかもしれません。

それは、

“maybe” の確信度合いはかなり低い

“maybe” で返事をする時は要注意

 ということです。

「たぶん」の英語表現を勉強していると、どこかでこんな話を聞いた事がある人もいるかもしれません。

probably・・・確信度80%

likely・・・確信度50%ー

maybe/perhaps・・・確信度30%ー

possibly・・・確信度10%ー

次ページ“maybe” は万能ではない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT