「炎上」が暴いたDeNA劣悪メディアの仕掛け

なぜニセ情報が大量の読者を獲得したのか

DeNAパレットは、どの媒体も会員登録した投稿者による記事と運営側が作成した記事で構成されている。運営側が作成したオリジナル記事をフロントページでは見せつつ、投稿者の(品質は確認されていない)大量の記事でアクセス数を稼ぐスタイルで、企業からのPR記事などタイアップも進んでいる。その際に「5000万」という月間アクセスユーザー数はマネタイズの大きな武器になってきた。

今後、広告主が重視しなければならないのは5000万の中身だ。この読者は、DeNAパレットが展開する各媒体を信頼したうえで記事を読んでいるわけではない。その多くは、グーグルを"騙した"結果、集められてきた読者である。

アドネットワークからの収益により短期的な成長を演出できたとしても、このようなサイトに高額な広告料を支払ってブランドイメージを預ける企業はどれだけ現れるだろうか。一時的に出稿したとしても、いずれはリスクを避けるためパートナーを降りるだろう。

失った信用を回復するためには、抜本的な事業体制の見直しが必要になる。DeNAパレットは、メディアとしてもっとも重視しなければならない「読者の信頼」を軽視してきた。今後、読者を重視するサービスへと事業モデルを組み立て直すには、相応の投資が必要だ。その覚悟が、DeNAにあるのだろうか。

グーグルにも問題がある

もっとも、筆者がガッカリしているのはDeNAに対してだけではない。グーグルに対してもだ。ある意味、DeNAパレットのような事業モデルを生み出したのはグーグルであるからだ。

今回の問題は、世界でもっとも多く使われており、もっとも洗練されているとみられている検索エンジンでさえ、簡単に騙されて誤った情報を上位に集中させることが可能であることを示している。しかも、人の生死や健康に関わる情報でさえも、である。

検索エンジンは、インターネットに点在する大量の情報への動線であり、道しるべである。だからこそ、グーグルはズルをする情報発信者を除外する措置を常に行ってきた。その手法は、”グーグル八分”と呼ばれる「無実なのに検索対象から外され、復帰の手立てがない」状況を生み出し、時に小さくも新しい事業の芽を摘んでしまうこともあった。

ところが、その一方で検索エンジンを騙すノウハウを持ち、短期間に大量のコンテンツを投入する事業者が出現すれば、あっという間に情報閲覧順位が操作されてしまうことも証明された。生死や健康にかかわる問題への情報操作にさえ、グーグルが無力な存在であることが明らかになった事件とも言える。

今回の問題でグーグルが目を覚まし、悪質な情報発信サイトに対して現実的な対策を打つこと、そしてルール作りへとつなげていくことを望みたいものだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT