一瞬で相手が喜ぶ!中山秀征の「話の振り方」

エピソードを引き出す極意とは?

中山:でも、安室奈美恵をしゃぶり過ぎない、いさぎよさがあった。安室は安室なんだけど、番組のフォーマットは崩さない。すべて安室じゃ「ヒッパレ」ではなくなってしまうので、歌い手に徹してくれたのと、僕とのワンコーナーの「コント」がよかったんだと思います。

三枝:スターを消耗させないのも、番組を長生きさせるコツだと思います。会社でもエースと呼ばれる人ばかりに頼ったらダメになってしまいますし、そのエースがいつまでエースでいられるかなんて、誰にもわかりませんから。

中山 秀征(なかやま ひでゆき)/1967年群馬県生まれ。松野大介とのコンビ「ABブラザーズ」でデビュー。コンビ解消後1992年より「DAISUKI!」(日本テレビ系)の2代目MCとなる。以後「ウチくる!?」(フジテレビ系)や「おもいっきりDON!」「シューイチ」(共に日本テレビ系)など、多くの番組のMCを務めるほか、俳優、ラジオパーソナリティなど多方面で活躍中。私生活では元宝塚の白城あやかとの間に4人の子どもを持つパパとしても知られる。ワタナベエンターテインメント所属。中山秀征Facebook

中山:僕には嫌がる彼女に何度も裏側で「いいからこれを言って」と説得する役割がありました。彼女は「どこが面白いの? それ」という感じも醸し出したりして、やるほどに変なコントになっていく。でも、スターがやると、それすら爆笑になりましたから。彼女は天才だと思いましたね。歌だけじゃなくて、一芸に秀でる人は万芸に秀でているという典型。

三枝:MCがしゃべらないのは大事なこと。2人のかけ合いのなかで、中山さんが答えてしまうより、安室さんに言ってもらったほうが、視聴者にウケるのは間違いないです。「何」を言うかよりも「誰」が言うかが大事なんです。

中山:ただ、彼女もすべて私の手柄みたいにするのは嫌だったんでしょう、「私は言わされています」みたいな態度をとる面白さもありましたね。それでも、僕は彼女が主役になるやりとりでウケをとることがうれしかった。

三枝:中山さんは「いいトスを上げるのが快感」だと、いろいろなところで言っていますからね。MCは、サッカーにたとえると、フォワードがゴールしやすいパスを出せる優秀なミッドフィールダーの役割が求められます。僕の本でも強調していますが、そのセンスがある人がMCとして力量を発揮できるんです。

中山:やっぱり相手のことを考えますからね。「俺さえ良ければ」ではダメです。安室奈美恵を利用して自分がいい思いをすることも、技としてはできるんですが、僕はそれを美しいとは思わない。そのやり方は貧乏くさくて嫌。知り合い同士の「楽屋オチ」みたいな感じを出したくない。常に新鮮な気持ちで、どんなにプライベートで仲が良くてもステージでは別でいたい。

怒られても、笑われてもいい

三枝:いいMCはうまい聞き手でなくてはいけない。と同時に、相手が言いたことを拾い上げる力が重要です。中山さんは、そのスキルがすごいですよね。大物ゲストでも、素人さんでも、相手がちゃんと答えてくれる。

中山:トーク番組でも街角インタビューでも、話をしていていちばんうれしいのは、相手が思い出してくれることなんです。ベテランが「そうそうよく知ってるね、そう言えばね……」と僕のフリがひとつのきっかけになって忘れていたものをほじくり返すというか、「今だからしゃべれるけど」が引き出せた瞬間が快感なんです。

次ページ響かないのがいちばん辛い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。