米と油で減量?オイルおにぎりブームの裏側

「良い油」不飽和脂肪酸の健康効果に注目!

2016年に大ブームとなったオイル。でも、どうやって食卓に取り入れれば?そんな人は、このオイルおにぎりにチャレンジしてみて欲しい(写真:Little Darling 「アボカド醤油漬け入りオイルおにぎり」)

2016年、料理業界で大きな話題になったものがある。「オイル」だ。

これまで、家庭で調理に使う油といえば、サラダ油、オリーブオイル、ごま油などが一般的だった。だが今では、ごく一般的なスーパーマーケットの棚を見ても、多種多様なオイルが売られていることがわかる。

ココナッツオイルが店頭で品薄に

料理業界におけるオイル人気の直接的なきっかけに、ココナッツオイルブームの存在がある。ココナッツオイルの特徴は、すぐに消化・吸収され、エネルギー代謝のスピードが早く、中性脂肪になりにくいという点にあるといわれている。

クリックするとニュースサイトにジャンプします

それに注目したのが、ミランダ・カーやローラといったファッションセレブたち。彼女らが画像投稿SNSの「インスタグラム」でココナッツオイルを使ったメニューを紹介したところ、ダイエットに興味のある女性たちが飛びつき、瞬く間に人気に火が付いた。

結果、2014年から2015年にかけてココナッツオイルが大ブームとなり、店頭で品薄状態が続いたのは、皆さんの記憶にも新しいだろう。

次ページ「良いオイル」って何?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT