「不妊治療のつらさ」に私はこう接してきた

心安らかに、周囲と接するにはどうすべきか

また、周囲は不妊治療をしている女性に対して、応援したり気遣いたい気持ちもたくさんあるのだと理解することが必要になります。あなたを傷つけたいわけではない、なんとか元気に頑張ってもらいたいし、良い結果が訪れるといいなと願っていることが大半だと思うのです。

その応援の気持ちや言葉は、あなたの状況と一致することもあれば、しないこともあるでしょう。だからといって、自分を責める必要もないけれど、一致しないからと誰かを責めたり求めすぎたりしてもあなたが苦しくなるばかりです。

それが見えなくなってくると、「彼女は不妊治療中でつらいから、妊娠報告はやめておこう」などと、変な気遣いまでされて、余計に傷つくこともあるかもしれません。ある程度、「傷つく」「つらい」のを織り込んでいくことは必要で、まったく無菌で生活していくなんてことはできない、と私は思うのです。

いちばん楽になれる自分なりの逃げ方を探す

私自身の不妊治療時代のことから言うと、自己開示すれば確かに自分は楽になったのですが、それによって誰かを傷つけたこともありました。もっと苦しい状況にいる人もいたのに、気づかなかったのです。そして、結果的に妊娠できた私は、そうでなかった人たちの思いや苦しさを、真に理解することはできないのだと今は思います。

息子の闘病時代のことを思い出すと、私は「何も言わない人」がいちばん楽でした。その人の子どもの話題は頑張って普通に聞くし、一緒に笑うのだけれど、「それで病状はどうなの?」などと聞いてこない人。自分で話せるようになったら話すね、今はこの話題ちょっとしんどいんだ、ということをわかってくれる人です。つまり、「そっとしておいてもらう」ということでしょうね。

「今、不妊治療中である」ということは周囲にも知ってもらいながら、誰かの幸せはみんなと一緒に一生懸命お祝いする、そして、自分に関することは突っ込まないでほしい、どんな気遣いも今は避けたい、というオーラはちゃんと出しておく。そうやってなんとか折り合いをつけていくしかないかもしれません。きっと徐々に周囲もわかってくれて、積極的な気遣いをしないようにしてくれると思いますよ。

不妊治療だけでなく、人にはそれぞれの事情があります。周囲はその事情のすべてをくみ取り続けることはできない。知らないうちに傷つけたり傷ついたり、そういうことを面倒だと思いすぎてしまうと、日常生活そのものがすごく難しくなってしまいます。

素敵なご主人がいて、不妊治療を頑張っていて、まだ38歳だ、というあなたを見ると、胃がキリキリするくらい嫉妬してしまう女性だって、周囲にはいるかもしれません。いつかはきっと乗り越えられる、そう自分を信じて、あなたがいちばん楽になれる自分なりの逃げ方を探してみてください。ご主人と一緒に探せるとなお、素敵だなと思います。無理しすぎないで、頑張ってくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT