赤裸々!女たちが悩む「不妊治療」座談会

セックスレス、そして離婚寸前!?

妊活のあれこれを経験者4人に語ってもらいました(写真 :sasaki106 / PIXTA)

デリケートな問題だけに、なかなかオープンにできない「妊活」の話題。そこで今回、不妊治療を経て出産に至った経験者の方4名に集まっていただき、妊活のあれこれを赤裸々に語っていただきました。

-Profile-
Aさん:2児の母、2人とも体外受精にて出産。1人目は採卵が37歳、胚盤胞で戻し38歳で出産。その時の採卵したものを40歳の時に戻し、昨年4月に2人目を出産。体外受精は6回挑戦。クリニック転院の経験あり。…お金も結構使いました(笑)。
Bさん:子宮外妊娠のため、卵巣の片方を切除。何度かタイミング法を試すが厳しく、顕微授精にステップアップ。36歳の時に採卵凍結。38歳で第1子出産。胚盤胞の凍結があるので、落ち着いた今年の夏くらいに第2子出産を目指してチャレンジ予定。
Cさん:35歳の時にクリニックでのタイミング法に挑戦、36歳で出産。今は37歳。子どもを望んでから出来るまで3年半、もっと早く不妊治療をすればよかったと思ったので、そう考える人が少しでも早く不妊治療で授かれるといいなと思って座談会に参加を決意。
Dさん:現在第2子を妊娠中。第1子は33歳の時に3回目の人工授精で授かる。以前ピルを飲んでいた時期もあり、やめたらすぐ出来るかと思ったけどなかなか出来ず人工授精に。第2子も人工授精かなと思った矢先の自然妊娠。待望の女の子を出産予定。
※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

子作りなんてやってらんない!の一言で…セックスレスから始まる不妊治療

当記事は赤すぐnetみんなの体験記(運営:リクルート)の提供記事です

Aさん:うちは不妊治療を考えるまで、元々セックスをしない家だったんです。今思うと私の一言が良くなかったって思うんですけど…。結婚してすぐに転職をしたんですけど、その時に自分の念願が叶ったような職場だったんで「悪いけど、私はここで頑張るから子作りなんてやってらんない!」って旦那に言ったんです。そうしたら「わかった」って言ってくれたんですけど、その言葉がこんな永遠につづくと思ってなかった…。

次ページ「セックスレスなのに不妊治療?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。