赤裸々!女たちが悩む「不妊治療」座談会

セックスレス、そして離婚寸前!?

——え、永遠にって…。どうしたんですか?

Aさん:自分の仕事も落ち着いて「じゃ子作りしようよ」ってなった時に、旦那は「あなたの都合良くは行かないよ」って感じになってて。セックスはしなかったんですけど、しないならしないなりに楽しい日々ではあったので、そのまま過ごしちゃったところもあって。それでいざ不妊治療に行こうって決めた時に、「セックスレスなのに不妊治療?」って迷いがあったんです。

そもそも子作りをしていて子供が出来ない人が行くところに、子作りさえやっていないのに子供が出来ないっていうのは次元が違うのかなって思って。それで最初に東京都でやっている不妊ガイドに電話相談したら、カウンセリングがありますよって教えてもらって。カウンセリングルームに行ったんですけど、そこは病気でセックスが出来ない人とかが来ているところで。80歳くらいのおじいさん先生がカウンセラーで、赤い下着を付けろとか、黒い下着を付けろとか、行為の後はしつこくしちゃいけないとかアドバイスをくれて(笑)。最後には「でも、80歳のボクからしたらキミは魅力的なんだけどね」とか言われて(笑)。

一同:あはははは。

Aさん:私まだその時35歳くらいなんで、そりゃそーだろと(笑)。そんなことを経て、クリニックに行き始めたから、ここならきっと簡単に子供が出来ると思ってたんだけど…そんなことはなかったですね。意外と出来ないんだって知ることになるんです。

まだ出産じゃないのに…こんな痛み耐えられない!!

—―何があるか分からない不妊検査ですが、これは怖かったとか、思ったより怖くなかったなどがあったら教えて下さい。

Cさん:卵管造影は痛いよって噂では聞いていたんですけど、あれはほんとに痛いなぁと。

Bさん:痛いどころじゃないです、あれは。

Cさん:ただそれをやると授かりやすくなる、なんて話を聞いてたんで。けど検査が始まった瞬間ほんとに痛くて…このまま続けるんですか?みたいな。

Bさん:下から器具を入れて、管から造影剤を卵管に通していく、卵管の詰まりを見る検査なんですけど。それをすると液体が通って卵管の通りが良くなるので、卵管に問題がある人はそこで詰まりが改善されるケースがあるっていう。それで妊娠しやすくなるって言われているんですよね。

次ページ痛すぎる検査とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT