一流の人が忙しくても瞑想を欠かさない理由

俯瞰し、平常心を保つことが良い結果を生む

一方、マインドフルネスは禅の瞑想がもとになってできていますが、短時間で、かつ場所もどこでも行えるので、その手軽さからすると「プチ瞑想」といえるでしょう。特徴は以下の通りです。

1.短い時間、たとえば1分からでもOK
2.場所を選ばない
3.立っても座っても寝ていてもできる
4.周りにだれがいてもできる
5.心は雑念だらけでも全然問題ない

瞑想はそれぞれが相互作用しており、どれかの目的を達成するために瞑想をするのではなく、心のトレーニングとして習慣にすることで効果を実感できます。20年以上も瞑想を続けている一流のビジネスパーソンの瞑想のやり方やその効果をみると、「ガチ瞑想」ではなく、「プチ瞑想」のやり方で、自分なりの続けやすい方法見つけて、継続しているという共通点がありました。

「プチ瞑想」ならできるかも、と思った方は以下の5ステップを参考に是非、取り組んでみてください。

誰でもできるプチ瞑想実践方法5ステップ

●ステップ1

以下に紹介する「プチ瞑想の導入事例トップ12」の中でまず、できることをやってみる。

1.シャワーを浴びながら呼吸に意識をおく
2.電車で最後の一駅前にスマホを閉じてゆったりとした呼吸を行う
3.商談の前に5分早くついて、待合席にて行う
4.カフェで一人の時間に行う
5.寝る前のお布団のなかで行う
6.エレベーター、エスカレーターに乗ったとき、スマホをとじて呼吸を意識する
7.歩きながら、自分の呼吸を意識する
8.トイレ休憩の往復時間に歩く瞑想をしてみる
9.オフィスで、仕事の合間に一度伸びをしたあとにゆったり呼吸する
10.待ち合わせで相手が遅れてきたとき、呼吸に意識を置く
11.会社の給湯室で飲み物をゆっくりいれたり、飲んだりするのを楽しむ
12.リビングで大の字になって寝転がり、体の感覚を眺めてみる
●ステップ2

「プチ瞑想導入事例トップ12」を何度かやってみる。やりやすい内容をみつけて、何度かやってみる。そのときに、判断や評価を手放して行う

●ステップ3

毎日できるプチ瞑想習慣をつくる。「これならできる!」ことを一つでもいいから、毎日行う習慣にする

●ステップ4

誰かと一緒にやってみる。マインドフルネス関連のセミナーやヨガのレッスンにでて、他の人と一緒にやる機会をつくってみる

●ステップ5

セミナーに出て、習慣にする。自分にあったセミナー、ヨガ、プチ瞑想関連のレッスンに定期的に通い、プチ瞑想習慣のペースメーカーを見つける

どんなに忙しくても瞑想をかかさない一流の人でも、瞑想中に雑念が浮かんでくることがあります。瞑想で大切なのは、生活の中に取り入れて習慣にすることです。「自分にはうまくできない」と肩肘張らずに、まずは簡単なステップから始めてみると良いでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。