相手の心をつかむプレゼンが「13分」なワケ

頑張って「説得する」ような話し方は3流

かくいう私も最初からそんな芸当ができたわけではない。ある程度経験を積んで自信ができてから、起承転結に代わる新しいスタイルとして編み出した。

読者の皆さんもこの方法を試す前に、起承転結のプレゼンに慣れておこう。それからトライしても遅くはない。また、最終的にどういう順番でプレゼンをするにしても、結論をロジカルに導くときには、起承転結という順番で考えるといい。

プレゼンは13分、プレゼンシートは3枚以内

私が講演で話すときは、1つの山場が13分以内で終わるように気をつけている。1対1でビジネスの話をしたり、大勢を前にプレゼンテーションしたりするときも、同様に“13分ルール”を守っている。

それはどんなに興味深く、魅惑的な話でも、聞き手の集中力はそれくらいしか続かないからである。13分を大きく超えると面白い話も記憶に残らないし、話が間延びすると逆につまらなく受け止められる。聞き手が飽きているのに、気づかないで話し続けるのはナンセンスである。

なかには、プレゼンでプレゼンシートを何十枚も使って説明しようとする人がいる。

経営コンサルタントの最終提案ならば、それくらいのボリュームになるのはわかるが、社内会議やプロジェクトに向けた通常のプレゼンなら、プレゼンシートは多くても3枚程度にとどめてほしい。無論、1枚に結晶化するのがベストだ。

プレゼンシートは1枚説明するのに3分くらいかかると考えると、3枚で約10分。前置きや結論を入れるとトータルで13分程になる。

発表する側としては、分厚いプレゼンシートをつくると達成感がある。「これだけ頑張って資料をつくったのだから、相手はきっと認めてくれる」という、お守りのような効果もあるのだろう。

でも、コミュニケーションの基本は相手の立場に立つことである。その原理原則に従うなら、やはりプレゼンシートは多くても3枚にとどめておきたいのだ。

あらゆるプレゼンを3枚以内にとどめるトレーニングをしておくと、物事の本質をつかむ能力も自ずと磨かれていく。

次ページダメなコンサルタントはドヤ顔でダメ出しする
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。