相手の心をつかむプレゼンが「13分」なワケ

頑張って「説得する」ような話し方は3流

経営コンサルタントは、経営の問題点を切れ味鋭く、明快に説明するのが仕事だと思われているらしい。しかし、事実は異なる。

「説得」するのではなく「納得」してもらう

『心を動かす話し方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

経営コンサルタントは、新聞記者でもなければ野党の議員でもない。経営の問題点をドヤ顔で舌鋒鋭く指摘しようものなら、おカネを払っているクライアントが不愉快になるだけだ。

「何を偉そうに。コンサルタント風情に、そんなことを言われる筋合いはない!」と逆ギレされかねない。

経験3、4年目くらいの若手コンサルタントは、その道理をわかっていないケースが多い。だから、必死になって問題点を洗い出して説得にかかろうとする。その熱心さは買うが、私に言わせるとそれは三文の値打ちもない。単に設問に対する答案として優秀なだけであり、コンサルティングとしては落第だ。クライアントが不愉快になり、やる気をなくしたら、その提案書は机の肥やしになるだけである。

コンサルタントがいかにすばらしい提案をしたとしても、クライアントがそのとおりに実践する気になってくれないと、それこそ絵に描いた餅に終わってしまう。

クライアントを説得しようとするのではなく、「納得」してくれるように仕向けることが大切なのだ。その出発点は、やはりクライアントの話をよく聞くことにある。

「組織をどう変えたいですか?」「そのためには何がいりますか?」と話を引き出しながら、納得してくれる提案の落としどころを探っていく。

「薄々そう感じていたけれど、やっぱりそうだよな。それくらい大胆にやらないと国際競争には勝てないよな」とクライアントに自ら気づいて納得してもらう。コンサルタントに説得されて、しぶしぶ取り組んだ経営改革が成功した試しはない。自分たちが納得して推し進める改革しか成功しないのである。

読者のみなさんは、向上心があって、より高みを目指そうとする人が多いだろう。そういう人が、よりレベルの高い一流の人たちと相対することを想定するならば、教養の土台は欠かせない。

教養を養うのは読書であり、他の人の話をよく聞くことにある。教養を育むインプットの広さと深さこそが、アウトプットである話し方や伝え方の善し悪しを決める。

また、アウトプットが向上すれば、人から多くの話が聞けてインプットがさらに充実する。

以上いくつか筆者が考えるプレゼンのコツをご紹介した。なんらか参考になればと思う。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。