限界説の払拭なるか?アップルの次の一手

ネットラジオ参入を発表。競合追撃へ態勢を整える

米アップルは毎年恒例の同社製品に関する世界開発者会議「WWDC」を6月10日に開催した。アイフォーン5の販売が伸び悩んでいることから、成長の限界がささやかれるアップル。株価は2012年9月につけたピークの705ドルから432ドル(12日終値)にまで下がっている。このタイミングでティム・クックCEOが基調講演で何を語るのかに注目が集まっていた。

しかし、アイフォーンやアイパッドの新製品や、うわさされていたアイウォッチのようなまったく新しい製品は出なかった。今回のWWDCでは、派手さはないものの、今やらねばならないことに手を打ってきた、という印象が強い。

デザインを重視

代表的なものが、今秋に米国で開始する新しい音楽配信サービス「アイチューンズラジオ」だ。ラジオとあるように、ユーザーがたくさんあるチャンネルの中から選局すると、インターネットを通じて曲が流れてくるストリーミング型のサービスだ。広告付きの場合は、無料で利用できる。

音楽の世界では、曲を端末にダウンロードする形式からストリーミング型へのシフトが加速している。海外では米パンドラ・メディアやスウェーデンのスポッティファイが無料サービスを展開し、急速に人気を伸ばしている。

次ページ基調講演で訴えていたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。