限界説の払拭なるか?アップルの次の一手

ネットラジオ参入を発表。競合追撃へ態勢を整える

米アップルは毎年恒例の同社製品に関する世界開発者会議「WWDC」を6月10日に開催した。アイフォーン5の販売が伸び悩んでいることから、成長の限界がささやかれるアップル。株価は2012年9月につけたピークの705ドルから432ドル(12日終値)にまで下がっている。このタイミングでティム・クックCEOが基調講演で何を語るのかに注目が集まっていた。

しかし、アイフォーンやアイパッドの新製品や、うわさされていたアイウォッチのようなまったく新しい製品は出なかった。今回のWWDCでは、派手さはないものの、今やらねばならないことに手を打ってきた、という印象が強い。

デザインを重視

代表的なものが、今秋に米国で開始する新しい音楽配信サービス「アイチューンズラジオ」だ。ラジオとあるように、ユーザーがたくさんあるチャンネルの中から選局すると、インターネットを通じて曲が流れてくるストリーミング型のサービスだ。広告付きの場合は、無料で利用できる。

音楽の世界では、曲を端末にダウンロードする形式からストリーミング型へのシフトが加速している。海外では米パンドラ・メディアやスウェーデンのスポッティファイが無料サービスを展開し、急速に人気を伸ばしている。

次ページ基調講演で訴えていたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT