博多駅前が騒然!「巨大道路陥没」の衝撃

現場周辺のビルは停電、商業施設にも影響

博多駅ビル屋上から撮影

全館で営業中止の商業施設も

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

8日早朝に起きたJR博多駅近くの大規模な道路陥没事故は、駅周辺に集まる商業施設にも打撃を与えた。

停電によって開業できない店舗が相次ぎ、「復旧の見通しも立っていない」(関係者)。停電しなかった施設は通常通り開店できたものの、現場周辺のビルには避難勧告も出ており、客足はまばらだ。

JR博多駅前の商業施設「キッテ博多」は全館で営業中止を決めた。「停電が理由」という。

核テナントとして入居する「博多マルイ」も休業を余儀なくされ、本社の丸井グループ(東京)は「いつ復旧するのか、状況がまったく読めない。今日は休業し、従業員には自宅待機をアナウンスした」(広報室)と気をもんでいた。

次ページ「JR博多シティ」では明暗が分かれた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。