博多駅前が騒然!「巨大道路陥没」の衝撃

現場周辺のビルは停電、商業施設にも影響

博多駅ビル屋上から撮影

全館で営業中止の商業施設も

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

8日早朝に起きたJR博多駅近くの大規模な道路陥没事故は、駅周辺に集まる商業施設にも打撃を与えた。

停電によって開業できない店舗が相次ぎ、「復旧の見通しも立っていない」(関係者)。停電しなかった施設は通常通り開店できたものの、現場周辺のビルには避難勧告も出ており、客足はまばらだ。

JR博多駅前の商業施設「キッテ博多」は全館で営業中止を決めた。「停電が理由」という。

核テナントとして入居する「博多マルイ」も休業を余儀なくされ、本社の丸井グループ(東京)は「いつ復旧するのか、状況がまったく読めない。今日は休業し、従業員には自宅待機をアナウンスした」(広報室)と気をもんでいた。

次ページ「JR博多シティ」では明暗が分かれた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。