博多駅前が騒然!「巨大道路陥没」の衝撃

現場周辺のビルは停電、商業施設にも影響

博多駅ビル屋上から撮影

全館で営業中止の商業施設も

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

8日早朝に起きたJR博多駅近くの大規模な道路陥没事故は、駅周辺に集まる商業施設にも打撃を与えた。

停電によって開業できない店舗が相次ぎ、「復旧の見通しも立っていない」(関係者)。停電しなかった施設は通常通り開店できたものの、現場周辺のビルには避難勧告も出ており、客足はまばらだ。

JR博多駅前の商業施設「キッテ博多」は全館で営業中止を決めた。「停電が理由」という。

核テナントとして入居する「博多マルイ」も休業を余儀なくされ、本社の丸井グループ(東京)は「いつ復旧するのか、状況がまったく読めない。今日は休業し、従業員には自宅待機をアナウンスした」(広報室)と気をもんでいた。

次ページ「JR博多シティ」では明暗が分かれた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT