JR九州の「初値3100円」は、高いのか安いのか

本業の鉄道は厳しいが不動産事業には強み

JR九州の豪華列車「或る列車」の車内。大赤字の鉄道事業が、なぜ急に黒字化するのだろうか(撮影:今井康一)

10月25日、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)が悲願の上場を実現した。東証1部でついた初値は3100円と、公募価格の2600円を19.2%上回った。順調なスタートといえる。

ただし、先行きはわからない。昨年11月4日に上場した日本郵政グループ3社は、上場直後に株価が大幅に上昇したが、今年1月から急落し、現在の時点ではいずれも公募価格を下回ったままだ。JR九州はどうか。

過去29年、鉄道事業は一度も黒字になったことがない!

先に上場したJR3社(東日本・東海・西日本)は、新幹線が成長事業となって最高益を更新し、株価も長期的に上昇していった。JR九州は、当初、新幹線を保有していなかったため、成長の元がなかったが、2011年に九州新幹線が全線開通してからは、新幹線に新たな業績拡大の期待がかかっている。

加えて、2013年に運行開始したクルーズトレイン「ななつ星」や、さまざまな趣向をこらしたD&S(デザイン&ストーリー)列車が国内外の観光客に人気を博している。

ところが、JR九州は、分割民営化によって発足した1987年以来、鉄道事業が黒字になったことが一度もない。東京・大阪・名古屋の3大都市を地盤に持つJR3社とは、収益地盤がまったく異なる。JR「3島会社」と言われるJR九州・四国・北海道には、人口減少地域で赤字ローカル線を抱える不安がつきまとう。沿線人口の減少で、経営はこれからますます厳しくなる可能性もある。

次ページ「赤字路線」を多数抱えるのになぜ上場できたのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT