JR九州の「初値3100円」は、高いのか安いのか

本業の鉄道は厳しいが不動産事業には強み

それでもJR九州は、公的資金の支援によって鉄道事業を今期(2017年3月期)、初めて黒字化させる計画によってなんとか上場を実現した。前期(2016年3月期)は鉄道事業を含む運輸サービスが105億円の営業赤字であったが、今期は、230億円の営業黒字への転換を見込んでいる。鉄道事業の黒字化により、JR九州の今期連結営業利益は前期比148%増の518億円と大幅に増加する見込みだ。

過去29年赤字だった鉄道事業がいきなり黒転するのは、前期に行った2つの会計処理の結果である。

鉄道事業がいきなり黒字化する理由

① 前期に、鉄道事業の固定資産で5256億円の減損損失を認識している。その効果で、今期から鉄道事業の減価償却費が約220億円減少する。

② 前期に、九州新幹線の鉄道施設使用料2205億円(約20年分)を全額一括前払いしている。その効果で、今期から新幹線貸付料が約100億円減少する。

この2つの会計処理で、今期、鉄道事業の費用は約320億円減少し、鉄道事業は黒字化する。

こうした会計処理を可能にしたのが、国の金融支援だ。JR九州は前期、国から預かっていた経営安定基金3877億円を取り崩して、資本剰余金に組み入れた。

言い方を変えると、国から預かっていた用途に「制限のかかった基金」3877億円を、「自由に使える資金」に組み替えたことになる。新幹線使用料の一括前払いや巨額の減損は、国の金融支援によって実施が可能になったと考えられる。

こうした一連の会計処理を前期中にやっていなければ、今期も運輸サービス事業は90億円程度の営業赤字が出るはずであった。会計基準で認められる範囲で、あの手この手を尽くして鉄道事業を黒字化させ、上場準備を整えたことがわかる。

JR九州は「平成28年熊本地震」で大きな被害を受けたが、前期に鉄道資産を減損しているので、今期の鉄道事業黒字化見通しは変わらない。

次ページ実は「意外な強み」も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT