「切れキャラ」加藤浩次がMCに選ばれたワケ

元プロデューサーと語る「スッキリ!!」の裏側

加藤:僕は子どもの頃から、人がもめていたりするのがけっこう好きなんです。だから、もめごとに直面すると、「お前はどう思っているんだ」と聞いては、「じゃあ、もうひとりの当事者も呼ぶか」と裁定役をやっていました。

三枝:火中の栗を拾いにいけるタイプは、MC向きですね。

加藤:まあ、火に油をそそぐ場合も多いんですけどね(笑)。

三枝:根っからの裁きグセがあると。

加藤:間に立つのが、好きなんですよ。

三枝:加藤さんは、人の話を聴くのも嫌いじゃないですよね。僕は、MCに最も必要なのは、人の意見を「よく聴く」ことだと思っているんです。もっと言うと、社会人にいちばん必要とされる資質かもしれない。「聴く」ことが、すべての物事を理解するスタートですから。

加藤:確かに、話すよりもむしろ聴くほうが好きですね。

三枝:ある意見に対して、「それって、こうなんじゃないの?」と深く掘っていくのが好きでもあって。

加藤:そうです。だから、本番中にテリーさんと勝谷さんがもめて収拾がつかなくなっても、どこかでそれを楽しんでいる、ワクワクしている僕がいて。「勝谷さん、それはどうなんですか? 僕はテリーさんの言うとおりだと思いますけどね」と言う時もありましたし、その逆もありました。

自分をよく見せようとしない

三枝:普通のアナウンサーだったら怖くて仲裁にいけない。そこは加藤さんのような個性がある人が入ることで、もう一段深い話で盛り上がる。そこに加藤さんがMCをやる意味がある。

加藤:そう言っていただけると嬉しいですけどね。

三枝:進行だけならば別に……。

加藤:アナウンサーのほうがうまいですし、声も綺麗ですしね。

三枝:聞きやすいですから。加藤さんがMCを始めた当初よく言われたのが「言葉が聞き取りづらい」でしたね。ボイストレーニングはしているんですか?

加藤:いっさいしていないです。いい声を出そうとした時点で、自分をよく見せようとしていることなので、僕の考え方にはそぐわないんですよ。僕が綺麗な声を出そうと一生懸命だと気持ち悪くないですか(笑)。お前、なんでそっちに寄ってるんだよってね。

三枝:地声は変えようがないから、そこは開き直っていると。自分を大きく見せようとしない「等身大の加藤浩次」のままでいるのが、加藤さんのいいところなのかなと思います。

加藤:声の質は敵わないので、そこはアナウンサーに任せて。僕のしゃべりに感情が乗ったほうがいいし、感情が乗っていないと意味がないと思っています。

三枝:美しい声で進行する人間は横に置いて、加藤さんが自由に動けるようにするのが大事ですよね。MCが自由に動けたほうが、今の時代には合っていると思うんです。

<後編に続く>

(構成:高杉 公秀、撮影:梅谷 秀司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。