成功する人は「無益な感情」を捨てている

2000年前に「老子」が指摘した真実

なぜいま『老子』なのか?(写真 :kaka / PIXTA)
論語とならび、中国古典の傑作といわれる『老子』。全体で5000字あまり、81の短い文章からなるその内容は、自分の功績を誇示しない謙虚さ、どんな事態にも自在に対応できる柔軟性、さらには無為、無心、無欲、質朴、控え目など、すばらしい徳をいくつも体現しています。
なぜいま、『老子』なのか。「捨てることで成功に近づく」として謙虚さを説く「ミニマリズム」の最高傑作を、『世界最高の人生哲学 老子』の著書もある守屋洋氏が解説します。

 

混迷する世界情勢のなかで、政治も経済も揺れ動いています。この先どうなるのか、不安を感じる人は少なくないでしょう。しかし、それよりも憂慮されるのは、恵まれすぎた不幸とでもいうのでしょうか、人々の心身がずいぶん脆くなっていることです。

現に、いささかの困難にぶつかっただけで、すぐに音を上げる、そんな現象があちこちで目立っているではないでしょうか。

そこで『老子』です。この古典には、しぶとい雑草の精神、したたかな生き方が示されています。現代の私どもも、そんな生き方を『老子』に学ぶ必要があるのではないか、いや、ぜひ学んでいきたいと思うのです。

あるがままの境地、「無為自然」とは

『老子』の思想を説明するのによく使われるのが「無為自然」という言葉です。

「無為」とは、単に何もしないでじっとしていることではありません。ことさらな作為や小細工を弄しないという意味です。「自然」とは自然界の自然という意味ではなく、「あるがままに」といった意味に近いかもしれません。

「無為自然」をよしとする『老子』は、当然のことながら、作為や利口そうに振る舞うことを嫌います。無為自然の章でもこう語っています。「疾風といえども半日も吹き荒れることはないし、豪雨といえども一日中降り続くことはない。誰がそれを司(つかさど)っているのか。天地である。その天地でさえ、不自然を長持ちさせることはできないのだ。まして人間の賢しらなど長続きするわけがないではないか」

作為は長続きしない、無理はよそうよ、というのです。下手な自己主張や、「俺が俺が」としゃしゃり出ていくような生き方は、百害あって一利なしだと説いているのです。

次ページ中国は日本と違って「自己主張の社会」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。