「切れキャラ」加藤浩次がMCに選ばれたワケ

元プロデューサーと語る「スッキリ!!」の裏側

三枝:その次に「儲かりマンデー!!」(現在「がっちりマンデー‼」)のMCになられましたね。僕はそのときに「加藤さんいいなあ」と思ったんです。サッカー好きの加藤さんと「スパサカ」のキャラは延長線上にあるけれど、「儲かりマンデー!!」は経済やおカネというジャンルなので、ギャップが感じられて新鮮でした。僕は、MCに限らず、いいギャップ力を持った人を抜擢するのが成功への第一歩だと思っているので。そして、今も続く朝の顔として「スッキリ‼」のMCになるわけですが、オファーが来たときの加藤さんの心境はどうだったんでしょう。

加藤:「正直やりたくない」と答えました。やる自信もなかったですし。

三枝:チャンスという思いよりも、不安が大きかったんですか?

加藤:不安というより、無理じゃないかと。半年で終わってしまうかもと。というのも、前の番組である「ザ!情報ツウ」から総合演出もスタッフもそのままで、MCだけが僕とテリー伊藤さんにすげ替わったので。実際、「スッキリ‼」はスタートから停滞していたんです。

三枝:僕が「スッキリ‼」の総合演出になったのが、番組をリニューアルした2007年の1月でしたね。

テリー伊藤と大げんかしたわけ

加藤浩次(かとう こうじ)/1969年北海道生まれ。1989年山本圭壱とお笑いコンビ「極楽とんぼ」を結成。現在、「スッキリ‼」(日本テレビ系)「がっちりマンデー‼」「スーパーサッカー」(共にTBS系)など、さまざまな番組のMCとして活躍するほか、芸人、俳優と多方面で活躍中。私生活では愛妻家であり、3人の子を持つパパとしても知られる。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

加藤:すごいなと思ったのは、三枝さんはいきなり番組を大幅に変えたんですよね。「そこまでやるの? 三枝さん」というくらい。僕は三枝さんと、新しい情報番組はどうあるべきかいろいろと話していたので、「変えるなら変えよう、僕もそのほうがいい」と宣言しました。

三枝:周りのことを考えるとなかなか変革できません。その一方で大きい変革ができないと勝負にならないところがある。どんな企業、組織でも一緒だと思うのですが、僕はそこを思い切って「勝つか負けるか」の賭けに出たんです。

加藤:なあなあで勝負を避けたままでは答えも出ませんからね。ただ、スタッフも戸惑ったでしょう。三枝さん、テリー伊藤さんと大げんかしましたよね。

三枝:あの大げんか! テリーさんが「俺はもう出ない」とおっしゃいましたからね。

加藤:会議にね。

三枝:いや。「番組に出ない」と言ったの。それをプロデューサーの小松良徳さんが説得して「三枝、今日はフロアに来るな」と言われて副調整室で見ていたことがあったんです。

加藤:ええっ! そうだったんですか。僕はスタッフから、「テリーさんは体調不良で会議に出ません」と聞いていたんです。でも、スタジオ入ったらテリーさんがいたので、「体調大丈夫ですか?」と心配したら、「体調なんて悪くないよ! あんなもん出ても意味ねえから出ねえんだよ」とお怒りで。僕は「ああ、そうですか」って答えるしかありませんでした(苦笑)。

三枝:たいそうお怒りになってね。

次ページぶつかり合い、話し合いはとても大切
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
貨幣になれなかった<br>ビットコインの必然

投機対象になってしまったビットコイン(仮想通貨)。だがその初志は、自由放任主義にせよ、共同体の中で純粋な貨幣を目指すものであった。『貨幣論』の著者岩井克人氏が、ビットコインをめぐる熱狂とバブル崩壊、貨幣の本質を語る。